「タッチ アプリケーション開発ストーリー」のインタビュー記事が公開されました

ブログでも何度か触れた Windows 7 用のタッチアプリケーション開発ですが、先日インタビューを受けました。それを Tech Fielders のサイトで公開していただきました。

http://www.microsoft.com/japan/powerpro/TF/interview/50_1.mspx

同じテーマで他の方のインタビューも掲載されています。

http://msdn.microsoft.com/ja-jp/windows/hh300131

皆さん、かっこいいアプリケーションと思わず唸ってしまうような示唆に富んだインタビューばかりで、一つだけかなりヤバい状態ですが orz、お時間がありましたらちらっと読んでいただけるとうれしいです。
Siverlight でマルチタッチマニピュレーションをがんばってみましたというところは、ちょっとだけアピールポイントですかね。ちっちゃいアピールですが。

要は 「アプリケーション開発ってユーザーのことを第一に考えなきゃいけないんだよね。タッチアプリケーション開発はそれを思い出させてくれたよ」 ということを言ってます。

タッチアプリケーション開発の本質は、多分その辺にあるのかもしれません。掲載されているインタビューで、それぞれ作ったアプリケーションは当然違っているわけですが、まとめのところまで読むと皆さん同じような結論になっています。

タッチアプリケーション開発って面白いですよ。ぜひ試してみてください!

広告
カテゴリー: コミュニティー, 雑談 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中