LightSwitch の Columns Layout がインデントされる挙動への対応 2案 #LightSwitchJPN

前に 「LightSwitch の Columns Layout の正しい使い方がわからない」 という投稿をしました。

2列にしようと思って

image

このようなレイアウトにすると、実行時に

image

Columns Layout の部分が他のプロパティの見出しの分だけインデントされてしまうというもの。


胸を張って解決!とは言えませんが、回避策というか解決方法を2つ考えてみました。

方法1)
すべてのプロパティの [ラベルの位置] を “上詰め” にします。

SNAGHTML6fa2f4

指示通り、見出しがテキストボックスの上に来ますが、2列にした行の余計なインデントがなくなり見た目は改善されます。

image


方法2)
Table Layout を使います。

image

レイアウトの性質から言って当然なんですが、各 TableColumn Layout 内のプロパティー数は同じ にします。

上の例で言うと、右側に来る TableColumn Layout には 空の Rows Layout (Columns Layout でもよい) を4個置いています。ブランクにするためのブレースホルダーですね。こうすると、

image

見出し(ラベル)を左詰にしても変なインデントは入りません。ただし残念ながら、“顧客名” などのテキストボックスの幅が領域の半分になってしまいます。

 

どちらの方法にしても若干後ろ向きな気はしますが、見た目上、許容範囲かな?と思います。どうでしょうか。

広告
カテゴリー: LightSwitch タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中