LightSwitch : アプリケーションの配置形態 3種類

この投稿は間違った内容を含んでいたため、修正・追記を行いました。(2011年8月18日)

 

LightSwitch の面白いところとして、開発中はアプリケーションの配置を意識しなくてよいという点があります。
言い方を変えると、LightSwitch の開発時のモデルは、運用時に各コンポーネントがどこで実行されるかに依存しないということです。

サーバー側の準備IIS への LightSwitch アプリケーションのインポート方法 について書いたところで、話を少し戻して LightSwitch アプリケーションの配置形態・実行形態について見てみます。

実装およびテストが完了したアプリケーションは、パッケージの選択によって 3つの形態で配置することができます。

  • 2層・・・いわゆるクラサバ。DB はサーバーで、ロジックは全てクライアントPC上で動作します。クライアントの形態は Silverlight の Out of Browser。
  • 3層のオンプレミス・・・社内の IIS & SQL Server を使用する形態です。クライアントはサーバーサイドのロジックと協調して動作します。3層のアプリケーションはクライアントの形態によってさらに2通りに分けることができます。
    Web アプリケーション・・・クライアントは In Browser の Silverlight アプリケーション
    デスクトップアプリケーション ・・・クライアントは Out of Browser
  • 3層のクラウド・・・構造としてはオンプレミスの IIS & SQL Server と同じ。違いは Windows Azure Platform & SQL Azure を使うという点。

詳しくは Beth Massi さんのブログ を見ていただくとして、対比する形で整理するとこんな感じになります。

  システムの形態 クライアント インストール方法 特徴
2層 クラサバ Silverlight の Out of Browser ClickOnce
(ファイルサーバーなどから)
  • OOB の機能を使える(Office 連携 /COM連携)
  • 実行に IIS が不要
3層(オンプレミス) クライアントがデスクトップアプリ Silverlight の Out of Browser Web サイトにアクセスしてインストール
  • OOB の機能を使える(Office 連携 /COM連携)
  • 実行に IIS が必要
Web アプリ Silverlight の In Browser Web アプリなのでインストール不要
  • Web なのでクライアント側アプリケーションのインストールが不要
  • クライアントを Windows に限定しない
  • サーバーにランタイムのインストールが必要
3層(クラウド) クライアントがデスクトップアプリ
(Azure アプリ)
Silverlight の Out of Browser Web サイトにアクセスしてインストール OOB の機能を使える(Office 連携 /COM連携)
Web アプリ(Azure アプリ) Silverlight の In Browser Web アプリなのでインストール不要
  • Web なのでクライアント側アプリケーションのインストールが不要
  • クライアントを Windows に限定しない

※3層のアプリケーションについて、クライアントがデスクトップアプリの記述を追加しました。(2011年8月18日)

 


デスクトップアプリケーション(OOB アプリケーション)とWeb アプリケーション(In Browser) とは実行してみると、見た目にも違いがわかりやすいです。

2層のアプリケーションおよび3層のデスクトップアプリケーションだと Excel エクスポートのためのボタンがあります。
2層の OOB だと Excel エクスポートのためのボタンがあります。 ← 間違いです

image

Web アプリケーションだと Excel エクスポートボタンがありません。
3層の Web アプリだとボタンがありません。 ← 間違いです

image

これが全てではないでしょうが、2層にするか3層にするか、アプリケーションの配置形態を決める一つの条件になると思います。  ← 間違いです

2層か3層か、デスクトップアプリケーションか Web アプリケーションかによらず、同じモデルで開発できるという点で LightSwitch は面白いツールだと思います。モデルドリブン開発の面白いところですね。

 

PS. そろそろ実際のパッケージの作り方についても投稿せねば。

広告
カテゴリー: LightSwitch タグ: パーマリンク

LightSwitch : アプリケーションの配置形態 3種類 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: LightSwitch : アプリケーションのパッケージ作成~2層アプリケーションの場合 « 技術との戯れ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中