LightSwitch のアップデート(SQL Azure 対応)

LightSwitch アプリケーションを Azure にデプロイする手順 を投稿したところ、早速突っ込みをいただきました。
(@kkamegawa さん、ありがとうございます)

 

9月1日(現地時間)頃に、LightSwitch の GDR (General Distribution Release) がリリースされています。
SQL Azure への発行時に発生する事がある問題への対応ということです。

Microsoft Visual Studio LightSwitch 2011 更新プログラム (KB2603917)

 

このアップデートを適用すれば、投稿済みの手順で正しく Azure にアプリケーションをデプロイできます。手順自体が変わることはありません。


私が最初に認識したのが LightSwitch のチームブログ (9月1日付)。
それによると、

In some cases, customers have reported a “SQLServer version not supported” exception when publishing a database to SQL Azure. This is due to a recent SQL Azure server upgrade which caused the version incompatibility. 

とのこと。SQL Azure 側のアップグレードによるものだそうです。

ちょっと曖昧なのが “In some cases” の部分。必ず発生するわけではないようですが、その条件はよくわかりません (>_<)
実際、ブログに投稿するために画面のキャプチャーを撮ったのが日本時間の8月30日なのですが、件の GDR は適用していない状態です。が、投稿の通り、アプリケーションの発行には成功して動作もしました。が、だめなケースもあるということのようです。
※ヘタレなテーブルで簡単すぎるアプリだからというのがあるかもしれません。

いずれにしても良きタイミングで GDR に上げるといいと思います。

広告
カテゴリー: LightSwitch タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中