LightSwitch : ユーザーのパスワード変更方法

アプリケーションの運用を始めると、パスワード変更機能が必要になります。
定期的な変更とユーザーのパスワード忘れへの対応など。

Tips 的な内容ですが、パスワード変更の方法を2つ書いておきます。


管理者による変更

ユーザーのパスワード忘れ対応の時はこの方法を使います。

アプリケーションを最初の配置した時に決めたアプリケーション管理者、または運用後に LightSwitch の組み込みのアプリケーション管理者である “管理者” ロールを割り当てたユーザーでアプリケーションにログインします。
[ユーザー] メニューでパスワード変更したいユーザーを選択して、新しいパスワードを入力します。

image

あとはメールなりの社内ルールに従って、ユーザーに新しいパスワードを伝えます。もちろんパスワードとあわせて、もう一つ紹介するユーザーによるパスワード変更の方法で、ユーザー自身に改めてパスワードを変更する方法も伝えるといいでしょう。


ユーザー自身による変更

ユーザー自身が自分のパスワードを変更する機能も LightSwitch にはあらかじめ組み込まれています。

アプリケーションにログインすると、右下にユーザー名が表示されます。ユーザー名をクリックすると [パスワードの変更] メニューが表示されるので、これをクリックします。

image

パスワードの変更ウィンドウが開くので、現在のパスワードと新しいパスワードを入力します。これでユーザー自身によるパスワード変更が完了です。

image

 

アプリケーションで必要になるパスワード変更の機能が LightSwitch アプリケーションにはあらかじめ組み込まれているので、開発者はこれを独自に実装する必要はありません。このあたりもさくっとアプリケーションを作れる LightSwitch のいいところです。

広告
カテゴリー: LightSwitch タグ: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中