技術ひろば.net 2012年3月の勉強会を開催しました。テーマは LightSwitch と Windows 8 CP #hirobatech

3月17日(土) に技術ひろば.net 2012年3月の勉強会を開催しました。

http://hiroba-tech.net/tabid/138/Default.aspx

今回は急遽開催を決め、準備期間が短かったこともあり、土曜夜の開催となりました。
内容も(スピーカーのアテンドの余裕がなく・・・) 瀬尾が LightSwitch ネタをやりました。
・・・ということで、なかなか集まりづらい勉強会になってしまい申し訳ありませんでした。
(今回は、何とか3月に開催するということが一つの目標であったため、「えいやっ!」で開催してしまいました)


 

LightSwitch セッションは、どうしても「そもそも LightSwtich って何?」 とか 「聞いたことはあるけど・・・」 という人が多いので、超基本のデモからスタートしています。
それはそれで LightSwitch について何となくイメージをつかんでもらえたかなと思いますが、今回喋りたかったのは次期版の新機能。OData 対応です。

Visual Studio 2011 では通信部分(ベースは RIA Services)がブラックボックス化されており、他のシステムやデータソースと連携することは基本的にできませんでした。

それに対して VS11 LightSwitch では、これまで通り開発をすることで、サーバーサイドは OData の Producer にもなっています。つまり、例えば PowerPivot やその他の Consumer でもデータを利用することができます。
また外部データソースとして、任意の OData Producer を利用できます。

どちらとも、外部との連携がやりやすくなったことを意味します。LightSwitch に出来ること、というか利用可能な場所が広がって、面白いツールになったということです。
もう 「オモチャみたい」 とは言わせません!

 

Windows 8 CP については、実際に画面や操作性を見ていただきました。瀬尾の他に、参加者の一人も Windows 8 インストール済みのスレートを持って来てくれたので、合計3台の Windows 8 をお見せしました。
スペック的に・・・な TW217 でもかなり快適に動作するのがわかってもらえたかな?特に起動の速さはいいです。


技術ひろば.net の勉強会、3月はミニミニ勉強会でしたが、4月以降はまた各回の企画・テーマを考えて開催します。ぜひ遊びに来てください。
まもなく告知できると思います。

広告
カテゴリー: コミュニティー, LightSwitch タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中