Windows 8 CP でキーボードのレイアウトが英語(101)になってしまう場合の最終手段(?)

※以下の内容よりも適切な解決方法を別途投稿しました。そちら をご覧ください。

 


Windows 8 Consumer Preview がリリースされて以来、ブログのアクセス数が増えてます。検索のキーワードを見ると、Windows 8 DP の時に投稿した記事が読まれているよう。

そこでご期待にお応えして(?)、Windows 8 Consumer Preview のネタも投稿します。

現在、2台のスレート(ASUS B121ONKYO TW217) に Windows 8 CP をインストールしていて、それぞれに Bluetooth キーボード(バッファロー BSKBB01REUDO RBK-2100BTJ)を接続して使っています。
が、レイアウトが英語キーボード(101 キーボード)として認識されてしまいます。

人によって(マシンによって)異なるらしく、設定を変えることでちゃんと認識されてるというのも聞いています。正直正解がわかりません orz

いろいろ試した結果ギリギリ使えるレベルになったので、解決方法、というか暫定の回避方法の一つとして紹介しておきます。2台とも同じ方法で対応できたので、いろいろやってダメだった場合の「最後の砦」的な意味で使えるかもしれません。なんにしても期間限定の Tips になることを願ってます。(と言うか、そうじゃないと使い物にならないので、フィードバックしておきますね)


  1. [言語] パネルを開いて、[言語の追加] をします。別ウィンドウがポップアップしたら “英語 (United States)” を選択。この時キーボードレイアウトが “US” になっても取りあえず気にしません。
    image
  2. “英語” の [オプション] を選択します。
  3. [入力方式の追加] で “日本語” を選択します。
    image
  4. そしたら “US” は削除します。
    image
  5. “English” を第1言語にします。
    image
  6. [詳細設定] で、表示言語を “日本語” に、既定の入力方式を “英語” にします。
    image

以上です。

一度これをやっておくと、次からは Windows 8 を起動するとまず英語モード(レイアウトは 106) で起動します。日本語入力するためには Win + スペースを押します。さらに Alt+半/全 を押すと日本語が入力できるようになります。もちろん 106 キーボードです。
あと Win+スペース で日英を切り替えるといいです。
なおスクリーンキーボードで操作する場合は、キーボード右下の言語キーで日英を切り替えられます。

 

・・・なんか悔しいんだよな・・・

広告
カテゴリー: Windows タグ: , パーマリンク

Windows 8 CP でキーボードのレイアウトが英語(101)になってしまう場合の最終手段(?) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: 【解決!】 Windows 8 CP でキーボードのレイアウトが英語(101)になってしまう場合の(正しい)解決法 « 技術との戯れ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中