日本語版 Visual Studio で LightSwitch HTML Client Preview 2 を使う方法

※お知らせ:本稿は LightSwitch HTML Client Preview 2 時点での情報であり、RTM した現在は 日本語環境の Visual Studio 2012 Update 2 で HTML Client 開発が可能です。

 

LightSwtich の追加機能として HTML Client Preview 2 がリリースされています。
※前のリリースでは HTML Client 機能がインストール済みの VHD 形式の配布だったのでちょっとだけ残念な感じでした。

HTML Client Preview 2 を日本語 Visual Studio 2012 環境にインストールしてもテンプレートには表示されません。

SNAGHTML6b01528

Visual Studio 2010 ではテンプレートフォルダの 1033 を 1041 にゴニョゴニョする、なんてことを時々やりましたが、Visual Studio 2012 ではそれは不要です。

2012 ではテンプレートフォルダを操作する代わりに Language Pack をインストールしてください。日本語 Visual Studio をインストールして、その後、英語環境の Visual Studio を使いたい時は 英語の Language Pack をインストールします。英語だからといってインストール不要ということはありません

Language Pack をインストール後に Visual Studio を起動して、[オプション] ダイアログを開きます。
[環境] – [国際対応の設定] で言語を “English” にします。これで Visual Studio を再起動すると、Visual Studio は英語環境になっています。

SNAGHTML6db6dd3

SNAGHTML6b4ebe7

この環境で新規プロジェクトを作ってみると Html Application プロジェクトのテンプレートが表示されます。

SNAGHTML6d2c4a9

LightSwitch Application (従来からの LightSwitch アプリ) プロジェクトを作り、後から HTML Client を追加することも可能ですが、この場合も英語環境の Visual Studio である必要があります。

SNAGHTML6d478ab

 

LightSwitch HTML Client の開発方法についてはまた改めて。
というか自分でもまだ着手できていません (>_<)
まずは Beth Massi さんのブログ を読んでみてください。

広告
カテゴリー: LightSwitch タグ: パーマリンク

日本語版 Visual Studio で LightSwitch HTML Client Preview 2 を使う方法 への2件のフィードバック

  1. ピンバック: LightSwitch HTML Client 対応プロジェクトファイルのアップデートに失敗する場合 (原因その2) « 技術との戯れ

  2. ピンバック: LightSwitch HTML Client アプリ開発(超基本) – ステップバイステップ « 技術との戯れ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中