LightSwitch HTML Client を約6分で作ってみる

タイトルが 「約6分で作る」という、微妙な数字でごめんなさい。
そろそろ本当にちゃんと LightSwitch HTML Client を触らないと、「LightSwitch 推し」としては恥ずかしい。

 

そこで、超入門なアプリ開発を動画キャプチャーしてみました。約6分と、なんとも中途半端な時間ですが(笑)、ガチです。
説明の吹き出しを入れる編集はしていますが、キャプチャーした素材自体は編集なしの1カットです。

ビルドの待ち時間とかブラウザーの起動時間、タイプミスや操作ミスまで含めてガチの開発です。調子に乗って、ちょっとした画面レイアウトの変更までしています。
それでも開発開始から動作確認まで約6分で完了しました。今後改めてカスタマイズの方法は紹介しますが、デフォルトでもそこそこ見栄えのする画面です。掲載した動画には入っていませんが、バリデーションも実装済みです。
※一度リハーサルをしてますが、台本とか段取りとか用意してませんよ。

アドレス帳、というかメールアドレスと電話番号簿なので、この上なく簡単なアプリではありますが、他のツールや他のプラットフォームで同じものを作るのを想像してみてください。

では、どうぞ。

※カーソルの周辺が透過になってなくてすみません。なんでだろ。

 

ステップバイステップは改めて紹介しますが(本当はそれすら不要なくらい簡単ですよね、一度動画を見ていただければ)、まずは LightSwitch HTML Client 開発の感触をつかんでいただければと思います。

広告
カテゴリー: LightSwitch タグ: , パーマリンク

LightSwitch HTML Client を約6分で作ってみる への1件のフィードバック

  1. ピンバック: LightSwitch HTML Client アプリケーションを iOS で実行してみる | 技術との戯れ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中