クラウドビジネスアプリのデバッグ実行時に配置に失敗する場合の解決方法

クラウドビジネスアプリの開発をしていて、デバッグ実行時に配置に失敗してしまうことがあります。
※PC、というよりはアカウントに依存する事象なので、起こる環境では対応するまでは必ず起こる、起こらない環境では絶対に起こりません。私も最近初めてハマってしまいました。

たまたま TechNet のフォーラムに同じ内容が質問 されていたので回答しました。
ということで、そちらを見てください。・・・だと味気ないので(笑)、ここにも書いておきます。

 

image

パスに無効な文字が含まれています」・・・なんじゃそりゃ。

 

結論から言うとこのエラーは ユーザーアカウントに日本語が含まれていると発生 します。
日本人だとマイクロソフトアカウントを使うとこうなることが多いですよね。企業アカウントを使うとお目にかかることは少ないはず。私もこの環境差から最近まで知りませんでした。

クラウドビジネスアプリはアプリの配置時に、環境変数 TEMP (環境によっては TMP?) のフォルダーを作業用の一時フォルダーとして使用するのですが、このフォルダー名に日本語が含まれていると失敗します。
TEMP / TMP はデフォルトでは “%USERPROFILE%\AppData\Local\Temp” が指定されているので、%USERPROFILE% が問題になることがあるということです。

 

ということでこの問題を解決するには、適当な場所に一時作業用のフォルダーを作り、環境変数はそのフォルダーを指定する、という手順を踏んでください。
私の手元では TEMP の変更で解決しましたが、環境によっては TMP になるようです。両方とも変更しておけば間違いないですね。

image

これでどんな環境でも安心してクラウドビジネスアプリ開発ができます。

 

「クラウドビジネスアプリって何?」という方は こちらの記事 をどうぞ。
11月30日(土) 開催の技術ひろばの勉強会 でも1コマお話ししますので、興味のある方はぜひお越しください。Windows ストアアプリ、Apps for Office のセッションもあります。

 

※このエラーメッセージを最初に見た時には、プロジェクトフォルダーを “C:\Data” なんてところに置いてみたのですが、それでも NG。その結果たどり着いたのが上記です。フィードバックしておくかな。

広告
カテゴリー: クラウドビジネスアプリ, LightSwitch, SharePoint タグ: , パーマリンク

クラウドビジネスアプリのデバッグ実行時に配置に失敗する場合の解決方法 への1件のフィードバック

  1. ピンバック: クラウドビジネスアプリの不具合を Connect にフィードバックしました [Voteの協力をお願いします] | 技術との戯れ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中