クラウドビジネスアプリのすすめ (Office 365 Advent Calendar 2013 5日目)

Office365 Advent Calendar 2013 の 5日目です。
(本稿は Office 365 Advent Calendar 2013 に参加しています)

今日のお題は「クラウドビジネスアプリ = Office 365 と連携して動作するクラウド上の業務アプリケーション 」です。

カレンダーのテーマの性格上、他の皆さんは Office 365 そのものの運用方法や利用シーンに関する内容を書いてくれています。今日は箸休め、ちょっとしたスパイス代わりにご覧ください。
(個人的には「こればっかり」というくらい書いたり話したりしているネタですけどね)


クラウドビジネスアプリとは?

クラウドビジネスアプリとは Visual Studio 2013 で追加されたプロジェクトテンプレートです。LightSwitch ベースのテンプレートであり、高い生産性でアプリケーションを開発できます。

Office 365 との関係は?というと、クラウドビジネスアプリは SharePoint 用アプリ (Apps for SharePoint) であり、以下の機能を持つアプリです。

  • Office 365 認証を利用する
  • SharePoint Online のユーザー情報リストを利用する
  • アプリのデータと SharePoint Online のカスタムリストとを関連付けて相互に参照・更新できる
  • アプリのデータ更新を SharePoint Online のニュースフィードに自動投稿できる

SharePoint のクライアントサイドのアプリケーションではないし、Office 365 の機能拡張でもないのですが、それでも Office 365 と無縁ではありません。ユーザー情報の利用や相互のデータ連携の機能を持っていることから Office 365 の利用価値を高めてくれる技術です。

Office 365 使いの方や使ってみようかなと考えている方は、クラウドビジネスアプリの概要だけでもぜひ理解してみてください。


なぜクラウドビジネスアプリがいいのか

Office 365 は社員のコラボレーション・コミュニケーションを促進してくれるツールです。
しかし社内の業務全てが Office 365 で完結するかというと、もちろんそれは違います。自社のニーズに合わせた業務アプリケーションが必要です。

今さら言うことでもありませんがクラウドの時代です。業務アプリであっても事情は同じ、クラウドを無視するわけにはいきません。
「はいはい、それじゃあ早速ウチの業務アプリもクラウドに置きましょう」・・・さすがにそれは無理ですよね。開発面だけ見ても以下のような懸案事項があります。

  • 開発上のハードル・・・オンプレミス前提で開発していた業務アプリはクラウドに結びついていないことも多いと思います。勉強会などで伺うと、特にデスクトップアプリ開発者にはまだクラウド未経験者がたくさんいらっしゃるようです。
  • 認証・・・Windows Azure Directory などのクラウドベースのディレクトリサービスはありますが、導入済みの企業ばかりではありません。事前に十分な検討をしないと、アプリ固有のアカウント管理を実装→クラウド化する業務アプリが増えてきてアカウント管理が面倒に・・・の道をたどりそうです。
  • 他の業務アプリや社員・部署間の連携・・・Office 365 を導入してせっかく社内の活性化が進んでいるのに、業務アプリはそれぞれ独自の閉じた世界にいるのはもったいないことです。他のアプリとも関係する社員・部署とも繋がりたいところです。問題はそれを実現する方法です。

クラウドビジネスアプリはこれらの懸案を解消してくれます。

  • 開発上のハードルへの対応・・・LightSwitch ベースのソリューションなのでもともと開発生産性が高いツールですが、クラウド対応についても特別なコードや設定は不要です。デバッグ用に URL を入力するくらいです。
  • 認証への対応・・・自動的に Office 365 の認証を利用します。ここでも追加のコーディングや設定は不要です。条件は Office 365 を利用していることだけです。
  • 他の業務アプリや社員・部署間の連携への対応・・・アプリ固有のデータも SharePoint Online のカスタムリストも同じ開発モデルで開発できて、それらを相互に関連付けて参照・更新できます。
    SharePoint Online のユーザー情報リストを利用できます。プレゼンス情報を利用したりメール、チャットなどで他の社員への連絡手段も組み込み済みです(下図)。
    さらに LightSwitch アプリケーションは OData Producer (=データ交換用の Web サービス) の機能を持っています。Office 365 で認証されたアカウントの権限で、他の業務アプリのデータを参照・更新することも可能です。これ、意外と大事です。

imageimage


クラウドビジネスアプリの開発手順

クラウドビジネスアプリも LightSwitch もあまり詳しくない方、実は初めて聞いたという方もいると思いますので、実際の開発手順を画面キャプチャを使って紹介します。

LightSwitch は基本的なテーブル定義、画面定義ともノンコーディングで開発します。どちらもデザイナー画面を使います。ビジネスロジック (C# / VB) の追加、画面のカスタマイズ (jQuery) が必要な場合にはコードを記述することもできます。

imageimage

生成される標準的な画面はレスポンシブなデザインで、PC ブラウザからスマホまで対応するように作られています。タッチ操作を強く意識したレイアウトです。

imageimage

アプリケーションを起動してみると Office 365 利用者にはおなじみの認証画面が表示されます。

image

SharePoint Online のカスタムリストを操作するのも簡単です。ニュースフィードへの投稿もチェックボックス一つで実現できます。

imageimage

セキュアで高品質な業務アプリを作れる開発ツールです。Office 365 を利用する方は一度開発を体験してみてください。

動画でも開発手順を紹介してします。短い動画なので、ぜひそちらもご覧ください。

  1. テーブル定義まで
  2. 画面定義まで
  3. 基本的な機能を持ったアプリの実行
  4. Office 365 への接続
  5. ソーシャル機能との連携

ということで、結論。
皆さん、Office 365 と同じようにクラウドビジネスアプリも可愛がってください


Advent Calendar の明日の担当は angelndxp さん です。よろしくお願いします。

広告
カテゴリー: クラウドビジネスアプリ, LightSwitch, Office 365, SharePoint タグ: , , , パーマリンク

クラウドビジネスアプリのすすめ (Office 365 Advent Calendar 2013 5日目) への2件のフィードバック

  1. ピンバック: クラウドビジネスアプリから SharePoint Online にニュースフィード投稿 | 技術との戯れ

  2. ピンバック: クラウドビジネスアプリから SharePoint Online のカスタムリストを操作する | 技術との戯れ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中