「.NET Gadgeteer で IoT」 セッション資料を公開しました(2014年8月23日 技術ひろば.net) #hirobatech

2014年8月23日(土) に開催した 「今どきの入出力を考える会(初心者歓迎)~ 技術ひろば.net 2014年8月」 で一コマ担当しました。

テーマは 「.NET Gadgeteer で IoT」 です。

.NET Gadgeteer は、7月の勉強会でも MS 太田さん にお話ししていただいた内容ですが、今回も継続して取り上げました。
今回は 購入先、開発環境、開発の簡単なデモも含めて、改めて IoT 開発についてお話ししました。

gadgeteerdemo

当日のセッションや公開したセッション資料ではコードの内容までは説明できなかったので、ブログでフォローしたいと思います。

数十行程度のコードで (しかもデバイスの時刻合わせのコードが意外と長い) センサーデータをクラウドに上げる処理が可能であることが分かっていただけたようなら、うれしいです。
デモとしては、直感的に理解しやすい室温を取り上げましたが、ぜひ他のセンサーデバイスでもそれぞれ楽しんでください。

※それほど高額というわけではありませんが、ハードウェア購入のため 1~2万円程度は初期投資が必要です。が、それに見合う楽しさがあります。ぜひこれを機会にモジュールをいくつか買ってみようかなという人が増えたらいいなと思います。

「Azure Mobile Services にデータを上げたところで、クライアントがなければ意味がない」ということで、今回は Project Siena でクライアントを作ってみました。これも .NET Gadgeteer や Azure Mobile Services のデモとしては珍しいないようだと思います。一つの例として参考にしてください。

広告
カテゴリー: .NET Micro Framework, IoT タグ: , , , , パーマリンク

「.NET Gadgeteer で IoT」 セッション資料を公開しました(2014年8月23日 技術ひろば.net) #hirobatech への1件のフィードバック

  1. ピンバック: LT 資料 「Project Siena 的 Mobile Services 利用」を公開しました (JAZUG 4周年総会 a.k.a. 日本DCオープン記念後夜祭 カッコカリ 2014年9月20日(土) 開催) | 技術との戯れ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中