LightSwitch が無償で利用できるようになりました (※ただし利用条件には注意)

ついに LightSwitch が無償で利用できるようになりました!

ただし利用にあたっては条件があります。こちらのページ を必ず確認してください。
個人には利用が許諾されています。自宅の PC でどんどん自習してください。

 

LightSwitch を使うと、データ指向の Web アプリや SharePoint 用アプリが簡単に、高い生産性で開発できます。
開発者はもちろん、プログラミング経験がほとんどない人にも使いやすい開発ツールです。開発経験が全くない人でもちょっとだけコツをつかめば他のツールよりも簡単にプログラミングができるはずです。

これを機に、たくさんの人に LightSwitch を楽しんでほしいと思います。(MS の中の人ではないですが /笑)

無償の Visual Studio Community 2013 がリリースされました。
これに Office Developer Tools for Visual Studio 2013 – November Update (これも無償)をインストールすることで、LightSwitch が利用できるようになります。

2014-11-14 0-00-27

Visual Studio Community 2013 は Professional 相当の無償ツールです。Office Developer Tools をインストールすれば LightSwitch は機能的に Professional  と同じものが利用できます。Web アプリも SharePoint 用アプリ (クラウドビジネスアプリ)もちゃんと開発できます。

2014-11-14 0-07-132014-11-14 0-07-37

 

この日を待ってました!

これまでは LightSwtich は Visual Studio Professional 以上に同梱されるツールということで、「ぜひみんな使ってください!」とは言いづらい部分もありましたが、これで LightSwitch を堂々と推せるようになりました。
最近サボりぎみだった LightSwitch やクラウドビジネスアプリについての記事もまた書きます。開発経験が少ない方も触り始めるかも、ということで、これまで以上に入門レベルの内容も書いていきますね。

広告
カテゴリー: Apps for SharePoint, クラウドビジネスアプリ, LightSwitch, Office 365, Web, 未分類 タグ: , , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中