IchigoJam で遊んでみた #IchigoJam

最近話題の IchigoJam で遊んでみました。

目指すはMSX !」 とのことで余計な機能は持ってません。BASICでプログラムを書けるのみ。
子どもにも安心して与えられる、というのもコンセプトだそうです。

ビデオ端子とPS/2 のキーボード端子を持っているので、すぐにプログラミングができます。
(VGAでもないしUSBキーボードも使えないので、今どきはそれはそれでハードルは高いんですが)

もちろん、ボードにはLEDとスイッチが乗ってますし入出力ピンも操作できるので組込み開発もできます。

WP_20150328_016WP_20150328_017

安くてお手軽なボードですが、使える環境を作るにはキーボードとディスプレイが必要です。
ディスプレイとしてはテレビも使えますが、ケーブルはもはや持ってないかもしれません。キーボードも PS/2 です。

ということで、実際に使うにはこれだけのものを揃える必要があります。
必要なものは IchigoJam のサイトに載っているので、そちらを見ながら揃えてください。

  • IchigoJam (完成版でもプリント基板セットでもお好きなように)
  • キーボード・・・PS/2 です。USBキーボードの場合には変換アダプターも必要です。
  • ディスプレイ・・・テレビでもOK。ビデオ端子を持った液晶モニターも使えます(上の写真のモニターならば別途 ACアダプターも必要です)。
  • ディスプレイ用のケーブル・・・意外と落とし穴(笑)。私はこれを用意するのを忘れて、数日 IchigoJam を楽しめませんでした。

これだけあれば、ある年齢層以上には懐かしく、若い人には非常にシンプルなプログラミング環境が整います。
一式揃えても数千円、ちょっと試してみるのも楽しいです。

WP_20150329_001

テレビに繋げると、なんか豪華な感じも楽しめます。(笑)

広告
カテゴリー: IoT タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中