「解説とハンズオンで理解する 機械学習 / Cognitive / Bot Framework」を開催しました (2016年12月3日)

Techfair.jp の勉強会を 12月3日に開催しました。

解説とハンズオンで理解する 機械学習 / Cognitive / Bot Framework

文字通り、機械学習CogBot とを座学とハンズオン(もくもく会)とで学んでもらおうという内容です。

当初は、IoT キットハンズオントレーニングを補足するものとして開催してきた「ハンズオンの解説します」シリーズの第3回とする予定でしたが、最近私が注目している Cogbot (=Cognitive Services, Bot Framework) も合わせて習得してもらうことにしました。
マイクロソフトの大森さんに協力していただいたので(ありがとうございます!)、機械学習+Cogbot の勉強会として充実した内容になったと思います。さらに、もくもく会の資料は Cogbot コミュニティの成果を借用しました(機械学習については瀬尾作)。

当日のセッション資料、もくもく会の資料は、こちらの一覧 を参照してください。

当日は機械学習もくもく用のサンプルデータのダウンロードでお手数をおかけしました。現在はダウンロード可能になっています。復習などの際に必要になったら、こちらを使ってください。(当日と同じデータです)

 


申し込み受付開始直後に満席になったため増席しましたが、その分、スペースの余裕が少なくなってしまったかもしれません。参加された皆さん、すみません。多くの方に楽しんでいただくためだとご理解ください。

「ハンズオンの解説します」シリーズは、今回をもってひとまず終了です。
ハンズオン自体に参加された皆さん、これまでの解説しますシリーズに参加された皆さん、おつかれさまでした。
次回(来年)以降は、IoT を引き続き大事にしつつ、他のテーマについても扱えるようにがんばっていきます。(が、まずは今回の、機械学習+Cogbot の再演かな)
勉強会の継続のために、一緒に活動してくれるメンバーも募集中です。我こそはという方はぜひご連絡ください。お願いします!(y.seo at seosoft.jp まで)

広告
カテゴリー: Cogbot, IoT, Techfair, 機械学習 タグ: , , , , パーマリンク

「解説とハンズオンで理解する 機械学習 / Cognitive / Bot Framework」を開催しました (2016年12月3日) への1件のフィードバック

  1. ピンバック: Windows 10 IoT Core から IoT Hub にメッセージを送信するアプリをスクラッチで書いてみる | 技術との戯れ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中