「Cognitive Services と Bot Service で作る業務アプリケーション (2018 年 4 月版)」(Azure サイトの歩き方 公式自習書) が公開されています #cogbot #azure

Cognitive Services と Bot Service で作る業務アプリケーション (2018 年 4 月版)」という自習書を書きました。
マイクロソフトの Azure サイトの歩き方 の公式なコンテンツです。

こだわりポイントは、複数の機能を持つ Bot アプリケーションをリソース作成からデプロイ・チャットクライアントの Channel 登録まで、手順を網羅している点です。

Bot Service や Cognitive Services の資料や書籍はいろいろありますが、

  • Language Understanding
  • QnA Maker
  • Bing Search
  • Azure Storage
  • FormFlow

を組み合わせて一つのアプリケーションを作るという資料はあまりないと思います。

念のための注意点としては、Bot Builder v3 ベースの資料ということ。
すでに Bot Builder v4 Preview が公開されていますが、基本的な考え方は変わらないことと、v3 は GA された安定して動作するバージョンであることから、まだ役に立つ情報です。

170ページほどのボリュームで、読み応えがあり、実装しがいのある内容です。
(検討段階ではもう3機能入れることも考えたのですが、さすがに “分厚く” なりすぎるため、やむを得ず別に機会に譲ることにしました)

ぜひご活用ください!


ブログに書いたつもりになっていて、紹介するのをすっかり忘れていた・・・(汗)

広告
カテゴリー: Bot Service, Cogbot, Cognitive Services タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中