Bot Framework Emulator v4 を Visual Studio 2017 から起動する方法 #botframework #botbuildersdk #cogbot

v4 になって、Bot Builder SDK と Bot Framework Emulator とで以下のような変更がありました。

  • プロジェクトテンプレートから作成したアプリケーションはプロジェクトフォルダーに “.bot” ファイルが作成される
  • Bot Framework Emulator は “.bot” ファイルを読み込むと、当該アプリに接続する

せっかくプロジェクトフォルダーに “.bot” ファイルがあるのですから、Visual Studio から直接 Emulator を開きたいですね。(Windows のスタートメニューを開かずにすませたい)

bfv4_botfile_in_projectfolder

そこで、お手軽に実現する方法を紹介します。
と言っても、特に目新しいことはないです。


お手軽に Emulator を開くには、

ソリューションエクスプローラーで [ファイルを開くアプリケーションの選択] 設定する

のが良いです。PC ごとに一度だけでいいのでサクッとやってしまうことをお勧めします。

1.  ソリューションエクスプローラーで “.bot” ファイルを右クリック→[ファイルを開くアプリケーションの選択]

botext_setting_app

  1. [プログラムから開く] ダイアログボックスで [追加] をクリック

botext_add_onsettingapp

  1. [プログラムの追加] で Bot Framework Emulator v4 の実行ファイルを指定。デフォルトでは “C:\Program Files (x86)\Bot Framework Emulator\Bot Framework Emulator.exe” でインストールされているはず。

vs_botext_addprogram

  1. [プログラムから開く] ダイアログに戻ってきたら、”Bot Framework Emulator” が選択された状態で [既定値として設定] をクリック

bs_botext_settapp_default

以上。
これで Visual Studio のソリューションエクスプローラーで “.bot” をダブルクリックすれば Bot Framework Emulator が起動されます。

デバッグがやりやすくなりますね。


この設定をしてしまうと、Visual Studio 内でテキストファイルとして “.bot” ファイルを開くのが面倒になります。

テキストファイルとして開く必要はそれほどないと思いますが、もし一時的にどうしても開きたい場合は、

  1.  “.bot” ファイルを右クリック
  2.  [ファイルを開くアプリケーションの選択]
  3. [プログラムから開く] ダイアログで、”JSON エディター” を選択して [OK]

これで Visual Studio 内に “.bot” ファイルを表示できます。

vs_botext_open_with_jsoneditor

Happy Bot Application Programming !!

 

広告
カテゴリー: Bot Builder SDK, Bot Framework, Cogbot, 未分類 タグ: , , , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中