#MachineLearningService Visual Interface のトレーニング資料「二項分類 ~ 機械学習のフローを理解する (タイタニック号から脱出できるか?)」を公開しました

Azure Machine Learning Service の新機能 Visual Interface のトレーニング資料を GitHub で公開しました。

https://github.com/seosoft/Titanic_MLServiceVisualInterface

Azure Machine Learning Service Visual interface で二項分類 ~ タイタニック号から脱出できるか?


同じテーマで Machine Learning Studio のコンテンツ を公開しています。これを Machine Learning Service VIsual Interface に移植しました。

  • データの分析
  • データの学習
  • 学習済みモデルの比較
  • 最適なモデルのWebサービス化
  • クライアントからの呼び出し

Visual Interface を使ってできる予測モデル開発の最初から最後までを通して学習できるコンテンツです。
公式ドキュメントでも、まだ一連の流れの中で説明しているものはないように思います。

コンテンツを活用して、機械学習と Visual Interface とを理解してください。

なおコンテンツの実施中、分単位(場合によっては10分超えのことも・・・)の待ち時間が数回発生します。
多少時間に余裕がある時に、雑誌とか飲み物とかを用意してから始めることをおすすめします。
または章単位(ページ単位)で小分けにして試してみるのも良いかと。


Visual Interface は build 2019 で発表されたばかりの機能です。
ステートが preview であることもあり、機能的には現時点では今一つ・・・な感じがします。
が、当然、今後改訂されていくだろうことを考えると、今のうちにウォッチしておいてください。


広告
カテゴリー: Machine Learning Service, 機械学習, 深層学習 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中