セッション資料「Azure IoT Edge で Custom Vision」 ( #勝手に勉強会 2020年4月19日開催) を公開しました

@kenakamu108 さんがやっている 勝手に勉強会 に、勝手に乱入してお話しさせていただきました。

Custom Vision の学習済みのモデルを IoT Edge デバイス 上で動作させる手順の紹介です。

デモアプリのソースコードは GitHub (https://github.com/seosoft/IoTCvCatsDogs) に上げました。
未整理ですが、参考になれば。
(もしかしたら説明を追加してハンズオン資料化するかも・・・もしかしたら)

またデモでは、Kaggle から拝借した 猫と犬の画像 を使いました。
猫好き、犬好きな人にも楽しんでもらえるのではないかと。


今回は IoT Edge デバイスに、

  • カメラデバイスで撮影して画像分類サービスをリクエストするモジュール(今回は実際のカメラではなくエミュレーター)
  • 学習モデルを使って予測するモジュール

の2つのモジュールを展開します。

このうち予測モジュールとしては、Custom Vision からエクスポートしたファイル(群)を “そのまま” 使用します。
IoT Edge デバイスに展開するために、IoT Edge モジュールのプロジェクト側で 1行だけ変更しますが、エクスポートしたファイルは本当にそのままで手を入れずに使います。

カメラには物理デバイスではなくエミュレーターを使うので、PC と Azure サブスクリプションを持っていれば、Raspberry PI やカメラ部品などの物理デバイスがなくても Custom Vision と IoT Edge を体験できます。

「IoT も AI もまだ詳しくないよ」という人でも、両方を一度に理解できるコンテンツです。お試しください。
特に、機械学習の知識がなくても画像分類の予測ができる Custom Vision の強力さを楽しんでください。

セッション資料「Azure IoT Edge で Custom Vision」 ( #勝手に勉強会 2020年4月19日開催) を公開しました」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中