Bot Framework Composer v1.0.2 で C# コード生成機能(が復活)

Bot Framework Composer を使うとビジュアルに Bot 開発ができます。
が、「では、生成されるソースコードは?」が気になる人もいると思います。

v1.0.2 では C# のコードを生成する機能 が追加されました。

続きを読む

Bot Framework Composer v1.0.1 から Azure に発行する手順

※本稿が期間限定の Tips になりますように。

Bot Framework Composer が v1.0.1 になりました。
GA から2週間ほどでリビジョンアップです。

デザイン指向で Bot 開発できる Composer ですが、Azure への発行についてはまだこなれていない感じです。

条件によってはちょっとハマるので情報共有。(ハマった)

発行先のサブスクリプションに Microsoft アカウント が紐づいている場合は、Composer がプロジェクトルートに出力する readme の方法では発行に失敗 します。
組織アカウントなら問題なさそう。

続きを読む

Azure Machine Learning Workspace のコンピューティング インスタンスに VSCode から SSH 接続

Azure Machine Learning Workspaceコンピューティング インスタンスに Visual Studio Code からリモート接続 する方法。

仕事の進め方がすっかり変わってしまって、自宅なりのリモートで仕事をすることが多くなったという人もいますね。
またはもともと出張とか外出が多い方も。

AI 関連のプロジェクトを担当している人は、オフィスには GPU を積んだ高性能な PC があるけど、自宅とか外出先だと開発できないというのはうれしくない。
そこでクラウド上の高性能なマシンで開発してみます。これなら場所も手元の PC も関係なく、いつでもどこでも GPU をバリバリ使って開発ができます。

以下はマシンごとの初期設定の話なので、一度環境を作ってしまえば次からはすぐに接続できます。
特に難しいことはないはずですが、SSH を知らない自分(恥)には初めての作業だったのでメモ。

続きを読む

「 Bot Framework Composer + QnA Maker で作る Q&A チャットボット」のハンズオン資料を公開しました

Bot Framework Composer + QnA Maker で作る Q&A チャットボット 作成のハンズオン資料を公開しました。

https://github.com/seosoft/BfCompQnaBot

なかなか触れてなかった Bot Framework Composer ですが、まずは超入門の範囲でハンズオン資料にまとめました。

続きを読む

「Azure IoT Edge で Custom Vision」のハンズオン資料を公開しました

Azure IoT Edge + Custom Visionでエッジデバイスで画像分類 するソリューション作成のハンズオン資料を公開しました。

https://github.com/seosoft/IoTCvCatsDogs

先日の勝手に勉強会で話した内容 を、実際に自分で実行することができます。

細かい手順まで書いているので、Custom Vision をよく知らない、Azure IoT をよく知らない人でも最後までたどり着けるはず。
ぜひお試しください。

それにしても、Custom Vision の強力なこと。
深層学習の知識がなくても、簡単に 画像分類 するソリューションを作成できます。
しかもエッジデバイスで動作するなんて。

セッション資料「Azure IoT Edge で Custom Vision」 ( #勝手に勉強会 2020年4月19日開催) を公開しました

@kenakamu108 さんがやっている 勝手に勉強会 に、勝手に乱入してお話しさせていただきました。

Custom Vision の学習済みのモデルを IoT Edge デバイス 上で動作させる手順の紹介です。

デモアプリのソースコードは GitHub (https://github.com/seosoft/IoTCvCatsDogs) に上げました。
未整理ですが、参考になれば。
(もしかしたら説明を追加してハンズオン資料化するかも・・・もしかしたら)

続きを読む

「API ペタペタしただけのお手軽 感情分析アプリ」セッション資料を公開しました(第5回 八王子 AI / 2020年1月19日 開催) #hachiojiai #speechtotext #textanalytics #cognitiveservices

第5回 八王子 AI」に参加しました。

API ペタペタしただけのお手軽 感情分析アプリ

というテーマで セッションしました。

続きを読む

#QnAMaker #Bot 作成のハンズオン資料を作りました

QnA Maker を使って ノンコーディングで(!)Q&A ボット を作成するハンズオン資料を作ってみました。

https://github.com/seosoft/QnaMakerBot

内容は相当薄いんですが(苦笑)、シンプルな Q&A ボットくらいなら簡単に作れるんだよということ自体を知らない人もいらっしゃるので、そういう方に向けて手順をまとめてみました。

Bot 開発とか AI 開発とかを頑張るついでに、どんなものを作れるかイメージを固めるヒントとしてお使いください。
あっという間に終わる(待ち時間は何回か発生しますが)コンテンツなので、気分転換にでも QnA Maker でボットを一度作ってみていただければ。
簡単すぎて、自力でスクラッチで組み上げるのが嫌になるかもしれません。そこは覚悟しておいてください。

続きを読む

「チャットボットの自然言語処理」 LT をしました (第2回 八王子AI / 2019年8月24日) #qnamaker #luis #botservice

チャットボットの自然言語処理」というテーマで LT @ 八王子AI しました。(LT とか久しぶり)

“自然言語処理” と大きめのタイトルですが、実際のサービスとして QnA MakerLUIS とを紹介しました。

クリエイター色が強めの勉強会なので、SaaS を使って課題を解決する方法もあるよというメッセージです。(大きく出た)
あとは Azure がびっくりするほど通用しない場なので、ちょっとは宣伝してあげようかと。Google さんの技術だとみなさん目を輝かせるんですけどね(笑)
この辺りはまだ MS = エンタープライズ なイメージが残ってたりするのか、伝え方が拙かったのか思うと、ちょっと反省します、すいません。

本題から離れてしまいましたが、何が言いたいかというと、QnA Maker って手軽なのに便利なサービス作れる よねということです。もちろん要件にもよりますが。

ノンコーディングで Q&A ボットの基本機能が作れるよというのを体験してもらえるように、ハンズオン資料っぽいものでも作ってみようかな。・・・と言うだけ言っておきます。

#SORACOM LTE-M Button の簡易位置情報を SORACOM #Funk を通して Azure Functions (C#) で取得する

LTE-M button の簡易位置情報を Azure Functions (C#) で取得する」シリーズの第3弾、完結編です。(そんな大袈裟なものなのか)

今回は Azure Functions にデプロイした C# なアプリケーションで、ボタンの位置情報SORACOM Funk 経由で取得します。

位置情報取得シリーズはこんな構成。

続きを読む