Bot Framework Composer v1.1.1 で Recognizer Type を “Regular Expression” から “Default recognizer” に戻す方法 #BotFramework

Bot Framework Composer v1.1.1 で日本語 LUIS 対応のアプリケーションを作ろうとした場合(https://yseosoft.wordpress.com/2020/10/03/bfcomp_v111/)、操作によってはエラー画面から逃れられなくなります。

具体的には、Recognizer Type を一度 “Regular Expression” に変更すると、後から “Default recognizer” (v1.0.2 までは “Default” ではなくて “LUIS” でした) に戻せなくなるというもの。
日本語の場合、正規表現ではユーザーの意図を認識しきれないことが多くなりそうだけど、だからと言って正規表現に一度変更しただけで(誤操作だとしても)LUIS にできなくなるのは辛い。

そんな時になんとか “LUIS” に戻す方法です。
v1.1.1 だけの暫定的な方法になることを期待して、ひとまずの対応方法。
イレギュラーなやり方だし、もしかしたら別の正しい操作があるかもしれないので、これが正しい操作だと思わないように注意。

続きを読む

Bot Framework Composer v1.1.1 で日本語ロケール (ja-jp) を選択できるようになりました #BotFramework

Bot Framework Composerv1.1.1 になりました。
(なってました、1か月ほど前に)

https://github.com/microsoft/BotFramework-Composer/blob/main/releases/1.1.1.md

個人的には、日本語 (ja-jp) ロケールの Language Understanding (LUIS) (https://www.luis.ai/) に対応したのが一番うれしい。

続きを読む

Bot Framework Composer v1.0.2 で C# コード生成機能(が復活)

Bot Framework Composer を使うとビジュアルに Bot 開発ができます。
が、「では、生成されるソースコードは?」が気になる人もいると思います。

v1.0.2 では C# のコードを生成する機能 が追加されました。

続きを読む

Bot Framework Composer v1.0.1 から Azure に発行する手順

※本稿が期間限定の Tips になりますように。

Bot Framework Composer が v1.0.1 になりました。
GA から2週間ほどでリビジョンアップです。

デザイン指向で Bot 開発できる Composer ですが、Azure への発行についてはまだこなれていない感じです。

条件によってはちょっとハマるので情報共有。(ハマった)

発行先のサブスクリプションに Microsoft アカウント が紐づいている場合は、Composer がプロジェクトルートに出力する readme の方法では発行に失敗 します。
組織アカウントなら問題なさそう。

続きを読む

「 Bot Framework Composer + QnA Maker で作る Q&A チャットボット」のハンズオン資料を公開しました

Bot Framework Composer + QnA Maker で作る Q&A チャットボット 作成のハンズオン資料を公開しました。

https://github.com/seosoft/BfCompQnaBot

なかなか触れてなかった Bot Framework Composer ですが、まずは超入門の範囲でハンズオン資料にまとめました。

続きを読む

「チャットボットの自然言語処理」 LT をしました (第2回 八王子AI / 2019年8月24日) #qnamaker #luis #botservice

チャットボットの自然言語処理」というテーマで LT @ 八王子AI しました。(LT とか久しぶり)

“自然言語処理” と大きめのタイトルですが、実際のサービスとして QnA MakerLUIS とを紹介しました。

クリエイター色が強めの勉強会なので、SaaS を使って課題を解決する方法もあるよというメッセージです。(大きく出た)
あとは Azure がびっくりするほど通用しない場なので、ちょっとは宣伝してあげようかと。Google さんの技術だとみなさん目を輝かせるんですけどね(笑)
この辺りはまだ MS = エンタープライズ なイメージが残ってたりするのか、伝え方が拙かったのか思うと、ちょっと反省します、すいません。

本題から離れてしまいましたが、何が言いたいかというと、QnA Maker って手軽なのに便利なサービス作れる よねということです。もちろん要件にもよりますが。

ノンコーディングで Q&A ボットの基本機能が作れるよというのを体験してもらえるように、ハンズオン資料っぽいものでも作ってみようかな。・・・と言うだけ言っておきます。

#BotFramework Emulator の機能 #8 ~ transcript ファイル (保存済み実行結果) の閲覧

Bot Framework Emulator の機能紹介の 8回目、最終回です。

  1. テストクライアント機能
  2. Bot 作成手順の確認
  3. bot ファイル (設定ファイル) の暗号化・復号化
  4. Bot アプリのエンドポイント管理
  5. 外部サービス (LUIS, QnA Maker) の接続管理
  6. LUIS 再学習
  7. chat ファイル (会話セットの設計) の閲覧
  8. transcript ファイル (保存済み実行結果) の閲覧(今回)

今回は Transcript ファイルの閲覧機能を紹介します。

個人的には、chat ファイルの閲覧機能と並んで(対になる機能として)お気に入りの機能です。
Bot アプリケーションの実装フェーズではあまり使用しない機能ですが、テストフェーズや Bot アプリケーションの運用を考えた時に特に大事な機能です。

続きを読む

#BotFramework Emulator の機能 #7 ~ chat ファイル (会話セットの設計) の閲覧

Bot Framework Emulator の機能紹介の 7回目です。

  1. テストクライアント機能
  2. Bot 作成手順の確認
  3. bot ファイル (設定ファイル) の暗号化・復号化
  4. Bot アプリのエンドポイント管理
  5. 外部サービス (LUIS, QnA Maker) の接続管理
  6. LUIS 再学習
  7. chat ファイル (会話セットの設計) の閲覧(今回)
  8. transcript ファイル (保存済み実行結果) の閲覧

今回は、chat ファイルの閲覧機能を紹介します。

Bot Framework Emulator V4 で、個人的に一番気に入っている機能です。

続きを読む

#BotFramework Emulator の機能 #6 ~ LUIS 再学習

Bot Framework Emulator の機能紹介の 6回目です。

  1. テストクライアント機能
  2. Bot 作成手順の確認
  3. bot ファイル (設定ファイル) の暗号化・復号化
  4. Bot アプリのエンドポイント管理
  5. 外部サービス (LUIS, QnA Maker) の接続管理
  6. LUIS 再学習(今回)
  7. chat ファイル (会話セットの設計) の閲覧
  8. transcript ファイル (保存済み実行結果) の閲覧

今回は、LUIS モデルの再学習機能を紹介します。

Bot Framework でアプリケーションを作ると外部サービスとして LUIS を使うことは多いと思います。
Bot アプリの開発と並行して LUIS の再学習を行うのもよくありそう。

LUIS のポータルサイト を開いてそこで学習してもいいのですが、Emulator から直接、再学習・発行することもできます。
今回は Emulator で LUIS モデルを再学習する手順の紹介です。

続きを読む

#BotFramework Emulator の機能 #5 ~ 外部サービス (LUIS, QnA Maker) の接続管理

Bot Framework Emulator の機能紹介の 5回目です。

  1. テストクライアント機能
  2. Bot 作成手順の確認
  3. bot ファイル (設定ファイル) の暗号化・復号化
  4. Bot アプリのエンドポイント管理
  5. 外部サービス (LUIS, QnA Maker) の接続管理(今回)
  6. LUIS 再学習
  7. chat ファイル (会話セットの設計) の閲覧
  8. transcript ファイル (保存済み実行結果) の閲覧

今回は、外部サービスの接続管理を紹介します。

Bot アプリケーションが単独で動作することは、まずあり得ません。単独で動作するのは EchoBot(オウム返し Bot)とか電卓 Bot くらいですね。

ほとんどの Bot は外部のサービスと連携して、ユーザーの入力に対して適切な回答を返すものです。
外部サービスの中でも LUIS と QnA Maker は特によく使われるものだと思います。Bot Framework Emulator には、これらの接続を管理する機能があります。

続きを読む