「API ペタペタしただけのお手軽 感情分析アプリ」セッション資料を公開しました(第5回 八王子 AI / 2020年1月19日 開催) #hachiojiai #speechtotext #textanalytics #cognitiveservices

第5回 八王子 AI」に参加しました。

API ペタペタしただけのお手軽 感情分析アプリ

というテーマで セッションしました。

続きを読む

「 Machine Learning studio で構造化データから予測分析 (LT版)」LT資料を公開しました(みんなのITもくもく会 なんでもLT大会 第4弾 / 2020年1月18日 開催) #AzureML

タイトル長い&最近ブログ更新頻度が低くてごめんなさい。

このところお気に入りのコミュニティ「みんなのITもくもく会」。
この特別編(?)である、なんでもLT大会 第4弾 に参加しました。

Machine Learning studio で構造化データから予測分析

というテーマで LT しました。

続きを読む

【すでに残席わずか】 技術ひろばの 2015年2月の勉強会は 21日(土) の開催。「Azure 利用を改めて考える」がテーマです。 #hirobatech

大変お待たせしました。
技術ひろばの2015年2月の勉強会は 21日(土) の開催です。

http://hiroba-tech.connpass.com/event/11495/

全体テーマは「Azure 利用を改めて考える」 です。

久しぶりの安納さん登壇、お願いするテーマはもちろん Azure AD です。Azure AD は開発者にも必須の知識ですね。
黒宮さんは「Powershell と .Net CSOM を使った SharePoint Online「外部ユーザー」の管理手法」 というテーマで ITPro に役立つ情報を共有してくれます。
瀬尾は「デモで見る .NET Gadgeteer の Azure 利用」というテーマで .NET Gadgeteer の話をします。既存の情報を改めて紹介する内容ですが、リクエストが多い内容です。

開発者にも ITPro にも楽しめる内容です。ぜひご参加ください!

・・・とブログに書こうと思っていたら、申し込み受付から1日足らずで残席わずかとなってしまいました。
参加希望の方はお早めに。もし満席になっていたらキャンセル待ちをお願いします。空きが出たところで順次参加の権利が得られますし、人数が多くなるようでしたら会場変更も検討します(お約束はできかねますが)。

ということで、どんどんお申し込みください!

http://hiroba-tech.connpass.com/event/11495/

1月31日(土) は MVP Community Camp。久しぶりの LightSwitch でセッションを担当します #MVPComCamp

1月31日(土)MVP Community Camp が全国 8都市で同時開催されます。

MVP を中心としたコミュニティーメンバーが運営、スピーカーを担当するため、”MVP” とタイトルに付いていますが、どなたでも参加できます。色々なジャンルの技術情報に触れる機会です。ご参加をお待ちしています。

私はというと、「改めて LightSwitch で Web開発 & Office 365 開発」 というタイトルでセッションを担当します。

久しぶりの LightSwitch セッションです。
以前から LightSwitch について書いたり話したりしてきましたが、どうしても「ぜひに!ぜひに!」とは言いづらい事情がありました。

・・・LightSwitch って Visual Studio の Professional 版以上 = 有償版 じゃないと使えなかったんですよね。
業務ではいきなり使うわけにもいかない、でも触ってみようにもわざわざ有償の Visual Studio を買ってまで自宅の PC にインストールするものちょっと・・・というジレンマがありました。

それが Visual Studio Community がリリースされたことで、学生や個人であれば Professional と同等の Visual Studio を使えるようになりました。自宅で LightSwitch を試すこともできるようになったわけです。

基本的な開発手順(の復習)とあわせて、カスタマイズや機能拡張のポイントについて、デモ中心でお話しする予定です。

ぜひ MVP Community Camp にご参加ください!

「スピーカー経験を重ねたい人のセッション大会~ 技術ひろば.net 2014年10月 」 (2014年10月25日(土)) を開催しました #hirobatech

10月25日(土) に「スピーカー経験を重ねたい人のセッション大会」という全体テーマで技術ひろばの勉強会を開催しました。
文字通り、スピーカー経験はまだ少ないけどこれから機会を増やしていきたい、そのための “場数を踏みたい” という方にその場所を提供する企画です。

「経験はない/少ないけど、自分も喋る側に行ってみようかな」という人にとっては一歩先に踏み出した人の姿を見て自分のこれからの姿を重ね合わせることもできます。経験豊富な人には当日のスピーカーを見て自分が忘れていたことを思い出したりアドバイスを与えたりできます。

なにより当日はセッションテーマにそれぞれ特徴があり、普段の業務では触れることがあまりない技術にも触れて、視野を広げる機会になりました。参加者の満足度も高く、小さいながらいい勉強会になったと思います。

当日の内容、セッション資料は 技術ひろばのページ、または connpass のページ に載せていますので、ご覧ください。

 

こういうテーマでの勉強会はこれからも時々やりたいです。規模は小さくなりがちなんですが、がんばろうとしている人を応援したいですね。
技術ひろばの勉強会に来てくれる人の声を聞くと、「他の勉強会は難しい」、「敷居が高い」というものがよくあります。それぞれ素晴らしい成果を上げているコミュニティーばかりなので、私も参加したり、スタッフ募集には応えたりしています。それとは別の切り口の勉強会としてこれからも誰でも参加しやすい勉強会を目指していきたいと思います。

10月の勉強会に参加の皆さん、スピーカーやスタッフを担当してくれた皆さん、ありがとうございました。またやりましょうね。

 

※余談
最近ブログ更新ができてません。がんばります。

技術ひろばの 2014年10月の勉強会は 25日(土) の開催です。今月は、スピーカー経験を重ねたい人のセッション大会です #hirobatech

ブログでのお知らせが遅くなりました。

2014年10月の技術ひろば.net の勉強会は 25日(土) の開催です。
10月の勉強会は 「スピーカー経験を重ねたい人のセッション大会」 という内容で開催します。

お申し込みは こちらのページ から。皆さんの参加をお待ちしています。

技術ひろばは以前から初心者、若い技術者が参加しやすい勉強会でありたいと思って活動してきました。
(※初心者が参加しやすければ、経験を積んだ方でも同じように参加しやすいはず)

スピーカーについても同様で、誰でもどんな内容でも OK だと思っています。
が、どうしても経験の少ない方はビビってスピーカーに立候補できないもの。(よほどスキルに自信があるか、よほど空気を読まないか、よほどナルシストは別として /笑)

そこで、スピーカー経験を重ねたい人でも臆することなくスピーカーを経験できる場があるといいんじゃないかなと思い、今回の内容を考えました。

スピーカー以外の参加者にも、色々なジャンルの話を聞けるので視野が広がり勉強になる機会です。そしてステップアップしようとしているスピーカーに暖かい意見やアドバイスをお願いします。

たくさんの方の参加をお待ちしています。

お申し込みは こちらのページ からどうぞ。

「IoT 入門 ~ .NET Gadgeteer で簡単プログラミング」セッション資料を公開しました(2014年8月30日 “夏祭り!つながる、広がる、IT女子” Windows女子部イベント)

2014年8月30日(土) に開催された 「夏祭り!つながる、広がる、IT女子」(Windows 女子部イベント) にお邪魔してきました。
自分の認識している範囲では私は女性ではないんですがそれでも参加できたのは、1コマセッションを担当させていただいたからです。

「IoT 入門」 というテーマで、そもそも IoT で何?どんな風に使えるの?という話と .NET Gadgeteer + Azure Mobile Services + Project Siena で IoT のデモを行いました。

IoT はインターネットの第三の波であること、.NET Gadgeteer を使えばハードウェアの知識なしに IoT 開発ができることをお話ししました。

学生や非プログラマーがたくさん参加するということで、できるだけ技術的なところに入らずに IoT の面白さをお伝えしたつもりです。参加された方、いかがでしたか?
技術的なところに少しでも興味を持った方は、今回の資料と 先週使った資料 とを覗いてみてください。

足りない部分は、がんばってブログでフォローするようにします。

 

それにしても、今どきの若い人たち、学生さんはしっかりしてますね。
自分が恥ずかしかったです。彼女たちに笑われないようにがんばらないといけないです。

8月23日(土) は技術ひろばの勉強会、今回のテーマは「今どきの入出力を考える会(初心者歓迎)」です #hirobatech

ブログでのお知らせがすっかり遅くなりましたが、8月23日(土) は技術ひろばの勉強会です。
8月のテーマは 「今どきの入出力を考える」 です。今回も初心者歓迎ですので、どんどん参加してスキルを身につけてください。

http://hiroba-tech.connpass.com/event/7839/

会場はインフラジスティックスさんの会議室です。初めてお借りします。
(実は別の会場が埋まっていて使えず困っていたら、東さんが 「使っていいよ」 と言ってくれました。感謝)

内容は、

  • デジタルインク・・・ワコム 新村さんのセッション。個人的にデジタルインクはとても興味がある分野なので、実は参加する誰よりも楽しみにしてます。
  • Kinect v2 ・・・技術ひろばに毎回参加してくれて、以前にも Kinect セッションをしてくれた下元さんのセッション。v2 にアップデートしてくれた情報を聞けるはず。
  • タッチ最適化した UX ・・・インフラジスティックス 東さんのセッション。格好良くて高速に動作するインフラジスティックスさんのコントロールを例に UX についてのセッションです。
  • .NET Gadgeteer で IoT ・・・7月の勉強会でもたくさんの人が面白いと感想を残してくれた .NET Gadgeteer ですが、環境の作り方から Azure 連携のコードサンプルまで紹介します。瀬尾が担当します。

まだお席はありますが、このところ当初の想定よりも申し込み者が多いので (ありがとうございます!)、参加ご希望の方はお早めにお申し込みください。
7月に初心者や(再)入門者を対象に勉強会を開催して、やはりこれからも初心者歓迎の勉強会を続けたいと思いました。
せっかくの休みの日なのに堅苦しいのはちょっとイヤだとか、難しすぎる内容だと気後れしてしまうなどの心配をせずに参加できる勉強会です。ぜひお申し込みください。

http://hiroba-tech.connpass.com/event/7839/

 

※なぜかこのところ物忘れが多く、8月の勉強会についてブログでお知らせするのを忘れていました。ちょっとマズいです・・・。

「SharePoint Online 開発の最初の一歩」セッション資料を公開しました (第9回 Office 365 勉強会 / 2014年8月2日)

8月2日(土) に開催された 第9回 Office 365 勉強会で 1枠いただき、「SharePoint Online 開発の最初の一歩」 といういテーマでお話ししました。

SharePoint 用アプリ (Apps for SharePoint) の一番の特徴は、SharePoint の外でアプリケーションが動作するというところです。これによって、一般の Web 技術や DB などのサーバーサイドの技術を利用できます。

Apps for SharePoint のもう一つの特徴は、HostWeb, AppWeb, RemoteApp の3つのサイトやサーバーが利用できる点です。

サイト/サーバー 場所、用途など データストア API
 HostWeb ・SharePoint の利用者が普段アクセスする SharePoint サイト
・対象のリストを複数のアプリで共有したり、サイト内の任意のページに配置した Web パーツにデータを表示したい場合に使用する
SharePoint のリスト CSOM, JSOM
 AppWeb ・SharePoint 用アプリ専用のサイト(アプリをホストすると自動的にサイトが生成される)
・万一、アプリに不具合があっても、他のアプリや SharePoint のサイト本体に与える影響は最小限
・アプリ専用のサイトなので、リストの名前の重複などを気にしなくてもよい
SharePoint のリスト CSOM, JSOM
 RemoteApp ・任意の Web サーバー上の Web アプリ (SharePoint の外で動作する)
・一般の Web 技術やサーバーサイドの技術を自由に組み合わせることができる
・SharePoint のリストの、いわゆる 5000件問題やパフォーマンスを気にせずにデータの操作ができる
DB, Webサービスなど、一般の Web アプリで利用できる任意のデータストア データストアの既定の API

※CSOM = .NET 用の クライアントサイド SharePoint オブジェクトモデル、JSOM = JavaScript 用の SharePoint オブジェクトモデル


このブログのお約束ごとですが、 上記の 3つのサイトやデータストアをもっとも簡単に、かつ高度に組み合わせられるのがクラウドビジネスアプリです。
勉強会当日に参加者に聞いた時も、まだまだ知名度が低い LightSwitch とクラウドビジネスアプリですが、ぜひ一度試してみてください。高い生産性でアプリ開発できるという意味で、ユーザーにメリットの大きい開発ツールです。

 

※本稿は公開したつもりになっていたんですが、実はなぜか1週間も下書きで保存したままでした orz

「Project Siena のデモします」資料とデモ動画を公開しました (第6回 業開中心会議 LT、2014年7月12日)

7月12日(土) に開催された 第6回 業開中心会議 のライトニングトークの時間をいただいて、

Project Siena のデモします

というテーマでお話ししました。

数日前に持ち時間 3分という連絡をいただき、「いや、いくら開発が簡単な Project Siena といってもライブデモは無理だろう」と事前に録画したデモを流すという、ちょっとしたズルをしました(笑)。

せっかくなので、少しテロップを加えた動画にしてこれも公開しました。

 

ダイジェスト版(約2分)

 

完全版(約4分30秒)

 

Project Siena、いいですね。決して万能ではありませんし、Visual Studio に取って代わるようなものではありませんが、普段の業務の中では使えるシーンはたくさんあると思います。