#BotFramework #Composer v2.0.0について個人的に整理

Build 2021 のタイミングで、Bot Framework Composer が v2.0.0 にバージョンアップしました。
ここ数か月のバージョン番号の動きから、v1.5.0 になるんだろうなと勝手に予想していたら、まさかのメジャーバージョンアップ。

メジャーバージョンアップらしく、機能、操作性とも大きく向上しました。
Build の セッション でも “Comprehensive bot development experience” (包括的な Bot 開発環境) と紹介された通り、プロジェクト新規作成から Azure Bot への発行まで一連のタスクに対応しています。

マイクロソフトの Bot 開発は当面 Bot Framework Composer がメインの開発環境になるようです。
Bot では前面に出てきました。

これまでのバージョンを触ったことがある人には、細かいところがちょこちょこ変わっていて一瞬操作する手が止まるところがありそう。
直感的に理解できるような変更ばかりですが。

v2.0.0 について個人的に整理したので紹介します。
ファーストインプレッションのレベルですが、参考になれば。

続きを読む

「 #Lobe で画像分類」動画を公開しました

Lobe (http://lobe.ai/) は機械学習の知識なしでも画像分類モデルを簡単に作れるアプリケーションです。
単独で動作するのでクラウドのサービスに繋げなくてもいいのもメリット。

説明動画を作りました。

Lobe で画像分類

続きを読む

セッション資料「AI の見方、AI との付き合い方」 (CoCoプレイス ミニセミナー&交流会 4月 / 2020年4月19日開催) を公開しました

最近利用しているコワーキングスペース CoCoプレイス (http://www.c-mam.co.jp/cocoplace/) の交流会で時間をいただき、AI の話をしました。(相当ざくっと)

AI の見方、AI との付き合い方

「AI の民主化」を意識して、技術的なところには入り込まずに AI の現状をお話ししたつもり。
お役に立てたのであればうれしいです。

最近ちゃんと活動していないので、もう少しまじめにやらないとな。


CoCoプレイス は「働きたい女性を応援する」コンセプトで、託児付きのコワーキングスペース。男性でも子供が一緒じゃなくても利用できます。
室内が明るくて、適度に周囲の音(たまに子供の声)が聞こえるのが安心。室内に木をたくさん使っているのも落ち着きます。
気分転換を兼ねて最近よく利用してます。お近くの方は一度利用してみては。


もしかしたらという気もするので、私にリーチする手段を載せておきます。

Twitter : https://twitter.com/seosoft

Facebook : https://www.facebook.com/seosoft

AI Tips (YouTube) : https://bit.ly/aitips_stream

GitHub : https://github.com/seosoft

わりと新しめの自己紹介的な何か : https://yseosoft.wordpress.com/2020/12/15/selfintro-itmokumoku-advent2020/

Azure #MachineLearning Studio デザイナーで “回帰” 問題を解く動画を公開しました

Azure Machine Learning Studio のデザイナーは、ノンコーディングで機械学習モデルを作れるツールです。

構造化されたデータの学習はがんばってコーディングしなくてもいいわけです。
デザイナーを使うとか自動 ML を使うとかで品質がいいモデルが作れます。

自動 ML の説明動画は以前から公開済みですが、そういえば(?)デザイナーについては動画を作ってませんでした。

Azure ML Studio デザイナーで機械学習
(https://bit.ly/mlstudio_designer)

途中で何度か待ち時間が発生しますが、待ちを含めても1時間もあればモデルが作れます。

まだ触ったことがないよという方はぜひ試してみてください。
機械学習のフローを少しだけ覚える必要はありますが(でも簡単!)、なにしろコードを書く必要はありません。つまり AI のプロでなくてもモデルが作れます。

続きを読む

#QnAMaker マネージドがパブリックプレビューになりました

QnA Maker の新しいバージョンが QnA Maker マネージド です。

11月前半にプレビューが始まりました。
https://techcommunity.microsoft.com/t5/azure-ai/introducing-qna-maker-managed-now-in-public-preview/ba-p/1845575

次の投稿以降で気になる機能を見てみるとして、今回は新機能の概要を勝手に日本語にまとめてみました。(翻訳の品質は無保証)

続きを読む

「Custom Visionで仏像を画像分類」 LT資料を公開しました (みんなのITもくもく会@オンライン+プチLT / 2020年10月25日 開催) #customvision #cognitiveservices

いつも楽しませていただいている「みんなのITもくもく会」の プチLT で1枠いただきました。 (https://itmokumoku.connpass.com/event/191367/)

Custom Visionで仏像を画像分類
(https://www.slideshare.net/seosoft/custom-vision-238967500)

続きを読む

Bot Framework Composer v1.1.1 で Recognizer Type を “Regular Expression” から “Default recognizer” に戻す方法 #BotFramework

Bot Framework Composer v1.1.1 で日本語 LUIS 対応のアプリケーションを作ろうとした場合(https://yseosoft.wordpress.com/2020/10/03/bfcomp_v111/)、操作によってはエラー画面から逃れられなくなります。

具体的には、Recognizer Type を一度 “Regular Expression” に変更すると、後から “Default recognizer” (v1.0.2 までは “Default” ではなくて “LUIS” でした) に戻せなくなるというもの。
日本語の場合、正規表現ではユーザーの意図を認識しきれないことが多くなりそうだけど、だからと言って正規表現に一度変更しただけで(誤操作だとしても)LUIS にできなくなるのは辛い。

そんな時になんとか “LUIS” に戻す方法です。
v1.1.1 だけの暫定的な方法になることを期待して、ひとまずの対応方法。
イレギュラーなやり方だし、もしかしたら別の正しい操作があるかもしれないので、これが正しい操作だと思わないように注意。

続きを読む

Bot Framework Composer v1.1.1 で日本語ロケール (ja-jp) を選択できるようになりました #BotFramework

Bot Framework Composerv1.1.1 になりました。
(なってました、1か月ほど前に)

https://github.com/microsoft/BotFramework-Composer/blob/main/releases/1.1.1.md

個人的には、日本語 (ja-jp) ロケールの Language Understanding (LUIS) (https://www.luis.ai/) に対応したのが一番うれしい。

続きを読む

Automated ML で機械学習 全8回が出来ました (Microsoft AI の解説動画 #AITips )

Automated ML で機械学習 を理解する動画コンテンツ、全8回が出来ました。

https://bit.ly/aitips_automl

機械学習や Azure Machine Learning の基礎について、未経験者や初心者に親しんでもらえたらと思っています。

続きを読む