#QnAMaker マネージドがパブリックプレビューになりました

QnA Maker の新しいバージョンが QnA Maker マネージド です。

11月前半にプレビューが始まりました。
https://techcommunity.microsoft.com/t5/azure-ai/introducing-qna-maker-managed-now-in-public-preview/ba-p/1845575

次の投稿以降で気になる機能を見てみるとして、今回は新機能の概要を勝手に日本語にまとめてみました。(翻訳の品質は無保証)

続きを読む

「Custom Visionで仏像を画像分類」 LT資料を公開しました (みんなのITもくもく会@オンライン+プチLT / 2020年10月25日 開催) #customvision #cognitiveservices

いつも楽しませていただいている「みんなのITもくもく会」の プチLT で1枠いただきました。 (https://itmokumoku.connpass.com/event/191367/)

Custom Visionで仏像を画像分類
(https://www.slideshare.net/seosoft/custom-vision-238967500)

続きを読む

Bot Framework Composer v1.1.1 で Recognizer Type を “Regular Expression” から “Default recognizer” に戻す方法 #BotFramework

Bot Framework Composer v1.1.1 で日本語 LUIS 対応のアプリケーションを作ろうとした場合(https://yseosoft.wordpress.com/2020/10/03/bfcomp_v111/)、操作によってはエラー画面から逃れられなくなります。

具体的には、Recognizer Type を一度 “Regular Expression” に変更すると、後から “Default recognizer” (v1.0.2 までは “Default” ではなくて “LUIS” でした) に戻せなくなるというもの。
日本語の場合、正規表現ではユーザーの意図を認識しきれないことが多くなりそうだけど、だからと言って正規表現に一度変更しただけで(誤操作だとしても)LUIS にできなくなるのは辛い。

そんな時になんとか “LUIS” に戻す方法です。
v1.1.1 だけの暫定的な方法になることを期待して、ひとまずの対応方法。
イレギュラーなやり方だし、もしかしたら別の正しい操作があるかもしれないので、これが正しい操作だと思わないように注意。

続きを読む

Bot Framework Composer v1.1.1 で日本語ロケール (ja-jp) を選択できるようになりました #BotFramework

Bot Framework Composerv1.1.1 になりました。
(なってました、1か月ほど前に)

https://github.com/microsoft/BotFramework-Composer/blob/main/releases/1.1.1.md

個人的には、日本語 (ja-jp) ロケールの Language Understanding (LUIS) (https://www.luis.ai/) に対応したのが一番うれしい。

続きを読む

Automated ML で機械学習 全8回が出来ました (Microsoft AI の解説動画 #AITips )

Automated ML で機械学習 を理解する動画コンテンツ、全8回が出来ました。

https://bit.ly/aitips_automl

機械学習や Azure Machine Learning の基礎について、未経験者や初心者に親しんでもらえたらと思っています。

続きを読む

Bot Framework Composer v1.0.1 から Azure に発行する手順

※本稿が期間限定の Tips になりますように。

Bot Framework Composer が v1.0.1 になりました。
GA から2週間ほどでリビジョンアップです。

デザイン指向で Bot 開発できる Composer ですが、Azure への発行についてはまだこなれていない感じです。

条件によってはちょっとハマるので情報共有。(ハマった)

発行先のサブスクリプションに Microsoft アカウント が紐づいている場合は、Composer がプロジェクトルートに出力する readme の方法では発行に失敗 します。
組織アカウントなら問題なさそう。

続きを読む

Data Science VM (DSVM) に VSCode から SSH 接続する手順 (おまけで X2Go と Jupyter の SSH 接続)

Azure の Data Science VM (DSVM) はクラウド上の仮想マシンなので、そもそもリモートで利用するのが前提ですが、「機械学習に必要な環境が簡単に作れます」的な文脈で語られることが多い気がします。

今回は SSH で接続して安全な開発環境として利用 するための手順の紹介。
目玉は Visual Studio Code から SSH 接続 する手順ですが、他にも X2Go と Juypter 利用も載せます。

どの方法でも最初に 共通の準備 が必要です。お忘れなく。

クラウド上のリソースと使い慣れた Visual Studio Code とを使って、自宅や外出先でもオフィスでも、GPU ありの高性能なマシンで効率よく AI 開発しましょう。

続きを読む

Azure Machine Learning Workspace のコンピューティング インスタンスに VSCode から SSH 接続

Azure Machine Learning Workspaceコンピューティング インスタンスに Visual Studio Code からリモート接続 する方法。

仕事の進め方がすっかり変わってしまって、自宅なりのリモートで仕事をすることが多くなったという人もいますね。
またはもともと出張とか外出が多い方も。

AI 関連のプロジェクトを担当している人は、オフィスには GPU を積んだ高性能な PC があるけど、自宅とか外出先だと開発できないというのはうれしくない。
そこでクラウド上の高性能なマシンで開発してみます。これなら場所も手元の PC も関係なく、いつでもどこでも GPU をバリバリ使って開発ができます。

以下はマシンごとの初期設定の話なので、一度環境を作ってしまえば次からはすぐに接続できます。
特に難しいことはないはずですが、SSH を知らない自分(恥)には初めての作業だったのでメモ。

続きを読む

「 Bot Framework Composer + QnA Maker で作る Q&A チャットボット」のハンズオン資料を公開しました

Bot Framework Composer + QnA Maker で作る Q&A チャットボット 作成のハンズオン資料を公開しました。

https://github.com/seosoft/BfCompQnaBot

なかなか触れてなかった Bot Framework Composer ですが、まずは超入門の範囲でハンズオン資料にまとめました。

続きを読む