「IoT、貯めるだけではもったいない」セッション資料を公開しました (第4回 Apps for Office 勉強会 / 2015年3月14日)

3月14日(土) 開催の 第4回 Apps for Office 勉強会 で、

IoT、貯めるだけではもったいない

セッションを担当しました。

コミュニティ 「IoT あるじゃん」 が正式に活動を始め、IoT に取り組める環境が整ってきました。

IoT に関してはデバイスやガジェットの面での議論が盛んです。クラウドについても活発に意見が交換されたりイベントが開催されたりしています。
IoT ではもう一つ大事な側面があります。蓄積したデータをどのように活用するかという面。これについては、ビッグデータや機械学習 (ML) と絡めて議論されることが多いように思います。

しかし “スモールデータ” と呼んでいいようなデータもたくさんあります。ML に頼らずに人間が直接分析したり利用したりできるデータもたくさんあるはず。

セッションではこういったデータを簡単に利用する方法として、Azure Mobile Services に蓄積したデータをクラウドビジネスアプリ (LightSwitch) で閲覧する手順を紹介しました。
LightSwitch なので自前のテーブル定義であっても、外部のデータソース (SQL Database) であってもアプリ開発の手順は同じです。違うのはデータソースの指定のところのみ。

クラウドに蓄積したデータの活用のツールとして LightSwitch も検討してみてください。


こんなメッセージをお伝えしました、セッション資料はこちらです・・・と言いたいところですが、実は当日のセッションはほぼアドリブでした(笑)。

勉強会に参加して 1枠いただくのが決まったのが木曜日の夜。
当日の構成上の都合で LightSwitch の基礎から 70分間で話をすることになったのが勉強会当日の朝 7時。
枠の時間が50分と正式に決まったのが品川に向かう電車の中。
40分弱でお願いしますと言われたのが演台に立ってから(笑)。
・・・しゃべり慣れた LightSwitch の基本からデモ、そして IoT の話と あるじゃんの宣伝。全部まとめて 38分ほどでお届けしました。
IoT について、Mobile Services のデータをインポートする手順、LightSwitch 開発のカスタマイズのあたりが薄くなってしまったのは残念ですが、そこはぜひ資料で確認してください。

こういう展開も珍しいので、自分の中ではいい経験になりました。

結論としては、クラウドビジネスアプリは楽しいよ、IoT は楽しいよ、ということです。

広告

LightSwitch / Access / Project Siena – SharePoint 開発ツールを比較してみる

この記事は Office 365 Advent Calendar に参加しています。
25日が近づいてきましたね。


SharePoint 開発に使えるツールはいくつかあります。
Visual Studio で Web アプリ、Windows アプリ(WFP なり WinForms なり)、スマホ用アプリなどを作るのが、SharePointアプリ開発でも王道です。当然です。

それに加えて LightSwitch, Access, Project Siena, Napa といった開発ツール・環境でも SharePoint アプリを作ることができます。(これらが万能ツールとは言いません。Visual Studio に取って代わるものではないはず)

本稿では、これらの開発ツール(王道の Visual Studio 以外のもの) の特徴、どういうシーンで使うのか/使えそうかを私なりに整理してみます。
プロの開発者ではなくても簡易的なアプリを作れるというのは大事な特徴ですが、それ以外の観点で見てみます。
唯一解ではありませんし、単純に区分できないケースも多いと思いますが、ツールの使い分けの参考になれば。


■特徴の比較

ツール名 クライアント レスポンシブ 主なデータ 更新可 私見
Access (accdb ファイル) Access No SP 内のリスト Yes
Siena Windows 8.1 No SP 内のリスト Yes タブレットアプリ開発に良い
Napa Web ブラウザー Yes App Web 内のリスト Host Web 内のリスト Yes JavaScript 開発、 この中では難易度高
Access (Link) Web ブラウザー No SP 内のリスト No データ参照のみ可能
Access (インポート) Web ブラウザー No SQL Server Yes リストデータを元にするが、 以降は SQL Server にデータを保存
LightSwitch Web ブラウザー Yes SQL Server / App Web 内のリスト / Host Web 内のリスト Yes この中では一番拡張性が高く、 外部システムとの連携も容易

■使い分けの指針(あくまでも私見)

  • データ更新が必要・・・更新が必要な場合には、Access アプリ (SharePoint 内リストにリンク) は使えません。このタイプの Access アプリはデータ参照のみ可能です。他のツールを使ってください。
  • マルチデバイス対応(レスポンシブデザイン)・・・LightSwitch または Napa が使えます。それ以外は座標固定で画面をデザインするので PC でもスマホでも使いやすいデザインは難しいです。 また SharePoint のサイトで [Access で開く] で作成できる Access (accdb ファイル) の場合には当然 Access がインストールされた PC が必要です。Siena で開発する場合はクライアントが Windows 8.1 の PC (Surface 2 でも OK) が必要です。クライアントとしてスマホやタブレットを使いたい場合は、他の開発ツールで開発してください。
  • 大量のデータを扱う必要がある・・・SharePoint のリストにはいわゆる “5000件” 問題がついて回ります。それ以上のデータを扱いたい場合、または高速なデータアクセスが必要な場合は、LightSwitch または Access (データを DB で管理するタイプ) にしてください。
  • タッチ対応・・・タッチ対応のアプリを開発したい場合は Napa はあまりお勧めしません(開発不可ではないのですが)。クライアントを PC に限定できるのであれば Siena または Access (accdb ファイル) が開発効率が高いと思います。汎用性が高く開発効率もできるだけ上げたいのであれば LightSwitch が良いです。
  • 外部のシステムとの連携が必要、拡張性が必要・・・LightSwitch 一択だと思ってください。業務アプリの場合は、比較的、画面の見栄えを求められないことが多いと思います(UX 的な意味での操作性は重要ですが)。開発生産性が高く、それでも外部との連携をしやすさを求めるのであれば LightSwitch をどうぞ。

「お前の LightSwitch 愛を語りたいだけじゃないか」と言われれば否定できませんが(笑)、それなりのアプリケーションを簡単に開発したければやはり LightSwitch が良いと思います。
使用するユーザーや対象とするデータを限定できるのであれば、Project Siena や Access でサクッと開発するのもいいと思います。
Napa は・・・私は詳しくありませんが、Web 開発の知識を持っている人であれば、いいシステムが作れると思います。判断基準は HTML / JavaScript / CSS に慣れているかどうか、ですね。

向き不向きはありますが、今回取り上げた開発ツールはどれも生産性が高く、比較的簡単に開発を進められるものです。上記の比較を参考に、適切なツールを選んで SharePoint 開発を実践してください。

※なんだか、文字ばっかりの記事になってしまってすみません。

LightSwitch が無償で利用できるようになりました (※ただし利用条件には注意)

ついに LightSwitch が無償で利用できるようになりました!

ただし利用にあたっては条件があります。こちらのページ を必ず確認してください。

個人には利用が許諾されています。自宅の PC でどんどん自習してください。

LightSwitch を使うと、データ指向の Web アプリや SharePoint 用アプリが簡単に、高い生産性で開発できます。

開発者はもちろん、プログラミング経験がほとんどない人にも使いやすい開発ツールです。開発経験が全くない人でもちょっとだけコツをつかめば他のツールよりも簡単にプログラミングができるはずです。

これを機に、たくさんの人に LightSwitch を楽しんでほしいと思います。(MS の中の人ではないですが /笑)

無償の Visual Studio Community 2013 がリリースされました。

これに Office Developer Tools for Visual Studio 2013 – November Update (これも無償)をインストールすることで、LightSwitch が利用できるようになります。

2014-11-14 0-00-27

Visual Studio Community 2013 は Professional 相当の無償ツールです。Office Developer Tools をインストールすれば LightSwitch は機能的に Professional  と同じものが利用できます。Web アプリも SharePoint 用アプリ (クラウドビジネスアプリ)もちゃんと開発できます。

2014-11-14 0-07-132014-11-14 0-07-37

この日を待ってました!

これまでは LightSwtich は Visual Studio Professional 以上に同梱されるツールということで、「ぜひみんな使ってください!」とは言いづらい部分もありましたが、これで LightSwitch を堂々と推せるようになりました。

最近サボりぎみだった LightSwitch やクラウドビジネスアプリについての記事もまた書きます。開発経験が少ない方も触り始めるかも、ということで、これまで以上に入門レベルの内容も書いていきますね。

「SharePoint Online 開発の最初の一歩」セッション資料を公開しました (第9回 Office 365 勉強会 / 2014年8月2日)

8月2日(土) に開催された 第9回 Office 365 勉強会で 1枠いただき、「SharePoint Online 開発の最初の一歩」 といういテーマでお話ししました。

SharePoint 用アプリ (Apps for SharePoint) の一番の特徴は、SharePoint の外でアプリケーションが動作するというところです。これによって、一般の Web 技術や DB などのサーバーサイドの技術を利用できます。

Apps for SharePoint のもう一つの特徴は、HostWeb, AppWeb, RemoteApp の3つのサイトやサーバーが利用できる点です。

サイト/サーバー 場所、用途など データストア API
 HostWeb ・SharePoint の利用者が普段アクセスする SharePoint サイト
・対象のリストを複数のアプリで共有したり、サイト内の任意のページに配置した Web パーツにデータを表示したい場合に使用する
SharePoint のリスト CSOM, JSOM
 AppWeb ・SharePoint 用アプリ専用のサイト(アプリをホストすると自動的にサイトが生成される)
・万一、アプリに不具合があっても、他のアプリや SharePoint のサイト本体に与える影響は最小限
・アプリ専用のサイトなので、リストの名前の重複などを気にしなくてもよい
SharePoint のリスト CSOM, JSOM
 RemoteApp ・任意の Web サーバー上の Web アプリ (SharePoint の外で動作する)
・一般の Web 技術やサーバーサイドの技術を自由に組み合わせることができる
・SharePoint のリストの、いわゆる 5000件問題やパフォーマンスを気にせずにデータの操作ができる
DB, Webサービスなど、一般の Web アプリで利用できる任意のデータストア データストアの既定の API

※CSOM = .NET 用の クライアントサイド SharePoint オブジェクトモデル、JSOM = JavaScript 用の SharePoint オブジェクトモデル


このブログのお約束ごとですが、 上記の 3つのサイトやデータストアをもっとも簡単に、かつ高度に組み合わせられるのがクラウドビジネスアプリです。
勉強会当日に参加者に聞いた時も、まだまだ知名度が低い LightSwitch とクラウドビジネスアプリですが、ぜひ一度試してみてください。高い生産性でアプリ開発できるという意味で、ユーザーにメリットの大きい開発ツールです。

 

※本稿は公開したつもりになっていたんですが、実はなぜか1週間も下書きで保存したままでした orz

クラウドビジネスアプリをアプリカタログに発行する手順 (プロバイダーホスト編)

プロバイダーホスト型のクラウドビジネスアプリ (SharePoint 用アプリ) をアプリカタログに発行する手順をステップバイステップで紹介します。(SharePoint 用アプリを企業アプリカタログに発行する手順 はこちら)

Update on Autohosted Apps Preview program” という発表があったので、これからは自動ホストに頼ることはできなくなります。プロバイダーホストの発行手順を見てみます。以下の手順は Azure の Web サイトに発行する手順です。

続きを読む

「初めてでも大丈夫!SharePoint 開発の第一歩」資料を公開しました (2014年5月10日 第8回 Office 365 勉強会)

第8回 Office 365 勉強会/技術ひろば合同開催が5月10日(土) に開催されました。

一コマいただいて「初めてでも大丈夫!SharePoint 開発の第一歩」というタイトルでお話ししました。

当日は開発者が2~3割で、業務に関係ないよという方もいらっしゃったかもしれませんね。
Office 365 / SharePoint をより活用するにはアプリ開発は一つの大事な要素だと思います。アプリを作るにはまずはどうするのか、を概要を理解するお手伝いができたようでしたらうれしいです。

「第一歩」ということで具体的な開発テクニックまで触れることができませんでしたので、ブログでフォローしていきますね。
LightSwitch、クラウドビジネスアプリについては・・・まあいつも通りで(笑)。
“Napa” や ASP.NET の SharePoint 用アプリについてもこれから情報を共有していきます。と言っても、私も勉強中の身です。

SharePoint 2013 になって新しいプログラミングモデルが追加されました。
Web 標準の技術が利用でき、Apps for SharePoint のように利用者がまず使う SharePoint サイトの外で動作するアプリケーションも作れます。従来よりも SharePoint 特有のハードルは低くなってきました。

ぜひ SharePoint 用アプリ開発にチャレンジしてみてください。

 

5月の SharePoint 月間の第2弾、「Office 365 / SharePoint 勉強会~活用・連携編」は5月17日(土) の開催です。
まだ受け付けていますので、Office 365、SharePoint に興味のある方はぜひいらしてください。こちらのページ からお申し込みください。

SharePoint 用アプリを企業アプリカタログサイトに発行する手順

SharePoint 2013 (Office 365) で SharePoint 用アプリを利用するには Office ストアに載せる方法もありますが、企業アプリカタログに載せる方法があります。
※アプリカタログは MS の審査が不要なので特定企業(自社を含む)向けに開発したアプリを載せるのに適しています。

SharePoint Online ではデフォルトではアプリカタログは用意されていないので最初に作成する必要があります。この手順については前の記事を参照してください。

アプリカタログサイトが出来たら、開発した SharePoint 用アプリを発行します。今回はその手順をステップバイステップで紹介します。簡単です。

続きを読む