Microsoft #Graph 開発に #Postman を使用する手順~ #2 クライアント開発編 + Tips

Microsoft Graph 開発時に Postman を使う方法の紹介、2回目です。
今回は、Graph に接続するクライアントを開発する時の Postman の使い方と、ちょっとだけ Tips を紹介します。

Graph クライアント開発時には、

をうまく使うのがポイントです。
これらの初期設定をする手順が、前回の “初期設定編” でした。

初期設定で何をしたのか、そして、Graph クライアント開発に Postman をどう使うのかを以下で紹介します。

続きを読む

Microsoft #Graph 開発に #Postman を使用する手順~ #1 初期設定編

Office 365 のリソースにアクセスするために利用する RESTful な Web API が、Microsoft Graph。(みんな知ってますね)

クライアントの開発時に、基本的に必要なものが以下の2つ。

でも、もう少し効率よく API を叩いてみたいことがよくあります。

そこで Postman の出番。

ちょっと Graph API を調べる用事(仕事 /笑)がありまして。
以前「Postman で Graph API 呼びやすくなったよ」という話を聞いた覚えがあり、 じゃあということで設定して実際に Postman で叩いてみました。

難しい手順ではないのですが、ちょっとだけ面倒だったり、設定マニュアル が分かりづらかったりしたので、改めて手順をまとめてみました。

続きを読む

「Skype for Business + Bot (+ Graph API)」を公開しました (第19回 Office 365 勉強会 / 2017年6月3日(土)開催)

第19回 Office 365 勉強会 (2017年6月3日(土) 開催)に参加しました。

1コマ時間をいただき、

Skype for Business + Bot (+ Graph API)

というテーマでお話ししました。

https://docs.com/d/embed/D25190588-9544-9491-6390-001573447410%7eBfe5a7bff-fc39-9c7d-d35f-86e930988702

続きを読む

PowerApps を待ちながら、特徴を簡単に整理してみた

この投稿は Office 365 Advent Calendar 2015 に参加しています。

まだ触ったことがないままで、PowerApps について整理してみました。
名前だけ先行してしまった感のある PowerApps について、興味を持ってもらえればうれしいです。


(念のため) PowerApps に触ってみたい方のために

PowerApps は現在 Preview です。
利用するためには、招待依頼を送って招待状が届くのを待つ必要があります。私もまだ招待状を受け取っていません。

これを機に触ってみようかという方は、

https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/

で招待依頼をどうぞ。

2015-12-14 0-27-17


PowerApps は、1) 既存のデータソースを 2) 開発者以外でも 3) 簡単にアプリ化できる のが特徴です。

データソース

全てのプランに共通のデータソースは、オンラインの Excel ファイル、SharePoint Online を含む Office 365 のデータ、他社の CRM データです。
Enterprise プランでは、これにオンプレミスのデータ (SQL Server や CRM) が加わります。
(どちらも、製品版リリース時にどうなるかは不明ですが)

2015-12-19 19-05-52

CRM のデータや Excel で台帳管理しているデータを、見やすく表示したり編集をしたりするツールだと言えそうです。汎用の開発ツールではありませんが、用途や目的がはっきりしている分、扱いやすいと思います。

”Power” つながりで言うと Power BI がありますが(ちょっと無理矢理)、データへの向き合い方は異なっています。
PowerBI はデータの集計・分析やデータの視覚化を指向しているのに対して、PowerApps は対象のデータを安全に扱うツールを目指しているようです。
棲み分けは簡単です。

アプリの配布やアクセス権設定

データソースの種類から分かるとおり、PowerApps が主に対象とするのは社内で管理しているデータです。アプリを共有したい相手は、社員(か特別に許可された取引先などの社員)でしょう。

作成した PowerApps アプリはファイルベースのアプリケーションなので、OneDrive for Business や SharePoint Online にファイルを置くのが一般的な形になるので。

アプリを通して関係者外にアプリを利用されないようにアクセス権の設定が必要です。PowerApps は裏側に Azure AD がいるので、アプリを共有する側が、相手のメールアドレスと許可するアクセス権(参照を許可、または変更まで許可)を指定することで簡単にアプリケーションを共有できます。

2015-12-19 21-39-25

https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/tutorials/share-app/

アプリ開発の手順

PowerApps の開発は、主に以下の手順で進めます。

  1. データソースを選択
  2. 自動生成された画面のレイアウトをカスタマイズする
    2015-12-19 22-04-512015-12-19 22-05-51
  3. テーマ(背景やフォントの色など)をカスタマイズする
    2015-12-19 22-07-01

https://powerapps.microsoft.com/ja-jp/tutorials/get-started-create-from-data/

凝ったことはできませんが、手順が一般化しているので、これなら本当に誰でもアプリを作れそうですね。


プロ開発者にとっての PowerApps

まずデータソースを決めて、自動生成された画面をカスタマイズするのが一般的な開発手順です(フルスクラッチで作ることもできますが)。
プロの開発者には物足りないかもしれませんが、いくつか使い道はありそうです。

プロ開発者にとって PowerApps との付き合い方は、こんな感じでしょうか。

  • お手軽アプリをサクッと作る・・・「誰でも簡単にアプリ開発」なので、プロならばさらに簡単に作れるはず。がんばらなくてもアプリができるので、サクッとアプリを作って業務改善のお手伝いができます。
  • Logic Flow ・・・PowerApps は、トリガーに対して何かアクションを実行する Logic Flow を作れます。タイマー実行が可能なので、ちょっとしたバッチ処理なら Logic Flow で済ますことができるかも。
  • カスタム API ・・・PowerApps は Swagger 2.0 API (=RESTful な、データ操作用の API)に対応しています。既定のデータソース以外を対象とするカスタム API を開発すれば、CRM や Excel、SharePoint Online のリストに限らず社内の多くのデータを対象にできます。カスタム API は Visual Studio での開発が必要なので、プロ開発者にしかできないです。

想像だけで書いたので、概要レベルのまとまりのない文章になってしまいました・・・。興味を持った方はぜひ 招待依頼 を出して PowerApps に早く触れるようにしてみてください。

私も招待状が届いたら、改めて PowerApps について投稿します。

【すでに残席わずか】 技術ひろばの 2015年2月の勉強会は 21日(土) の開催。「Azure 利用を改めて考える」がテーマです。 #hirobatech

大変お待たせしました。
技術ひろばの2015年2月の勉強会は 21日(土) の開催です。

http://hiroba-tech.connpass.com/event/11495/

全体テーマは「Azure 利用を改めて考える」 です。

久しぶりの安納さん登壇、お願いするテーマはもちろん Azure AD です。Azure AD は開発者にも必須の知識ですね。
黒宮さんは「Powershell と .Net CSOM を使った SharePoint Online「外部ユーザー」の管理手法」 というテーマで ITPro に役立つ情報を共有してくれます。
瀬尾は「デモで見る .NET Gadgeteer の Azure 利用」というテーマで .NET Gadgeteer の話をします。既存の情報を改めて紹介する内容ですが、リクエストが多い内容です。

開発者にも ITPro にも楽しめる内容です。ぜひご参加ください!

・・・とブログに書こうと思っていたら、申し込み受付から1日足らずで残席わずかとなってしまいました。
参加希望の方はお早めに。もし満席になっていたらキャンセル待ちをお願いします。空きが出たところで順次参加の権利が得られますし、人数が多くなるようでしたら会場変更も検討します(お約束はできかねますが)。

ということで、どんどんお申し込みください!

http://hiroba-tech.connpass.com/event/11495/

LightSwitch / Access / Project Siena – SharePoint 開発ツールを比較してみる

この記事は Office 365 Advent Calendar に参加しています。
25日が近づいてきましたね。


SharePoint 開発に使えるツールはいくつかあります。
Visual Studio で Web アプリ、Windows アプリ(WFP なり WinForms なり)、スマホ用アプリなどを作るのが、SharePointアプリ開発でも王道です。当然です。

それに加えて LightSwitch, Access, Project Siena, Napa といった開発ツール・環境でも SharePoint アプリを作ることができます。(これらが万能ツールとは言いません。Visual Studio に取って代わるものではないはず)

本稿では、これらの開発ツール(王道の Visual Studio 以外のもの) の特徴、どういうシーンで使うのか/使えそうかを私なりに整理してみます。
プロの開発者ではなくても簡易的なアプリを作れるというのは大事な特徴ですが、それ以外の観点で見てみます。
唯一解ではありませんし、単純に区分できないケースも多いと思いますが、ツールの使い分けの参考になれば。


■特徴の比較

ツール名 クライアント レスポンシブ 主なデータ 更新可 私見
Access (accdb ファイル) Access No SP 内のリスト Yes
Siena Windows 8.1 No SP 内のリスト Yes タブレットアプリ開発に良い
Napa Web ブラウザー Yes App Web 内のリスト Host Web 内のリスト Yes JavaScript 開発、 この中では難易度高
Access (Link) Web ブラウザー No SP 内のリスト No データ参照のみ可能
Access (インポート) Web ブラウザー No SQL Server Yes リストデータを元にするが、 以降は SQL Server にデータを保存
LightSwitch Web ブラウザー Yes SQL Server / App Web 内のリスト / Host Web 内のリスト Yes この中では一番拡張性が高く、 外部システムとの連携も容易

■使い分けの指針(あくまでも私見)

  • データ更新が必要・・・更新が必要な場合には、Access アプリ (SharePoint 内リストにリンク) は使えません。このタイプの Access アプリはデータ参照のみ可能です。他のツールを使ってください。
  • マルチデバイス対応(レスポンシブデザイン)・・・LightSwitch または Napa が使えます。それ以外は座標固定で画面をデザインするので PC でもスマホでも使いやすいデザインは難しいです。 また SharePoint のサイトで [Access で開く] で作成できる Access (accdb ファイル) の場合には当然 Access がインストールされた PC が必要です。Siena で開発する場合はクライアントが Windows 8.1 の PC (Surface 2 でも OK) が必要です。クライアントとしてスマホやタブレットを使いたい場合は、他の開発ツールで開発してください。
  • 大量のデータを扱う必要がある・・・SharePoint のリストにはいわゆる “5000件” 問題がついて回ります。それ以上のデータを扱いたい場合、または高速なデータアクセスが必要な場合は、LightSwitch または Access (データを DB で管理するタイプ) にしてください。
  • タッチ対応・・・タッチ対応のアプリを開発したい場合は Napa はあまりお勧めしません(開発不可ではないのですが)。クライアントを PC に限定できるのであれば Siena または Access (accdb ファイル) が開発効率が高いと思います。汎用性が高く開発効率もできるだけ上げたいのであれば LightSwitch が良いです。
  • 外部のシステムとの連携が必要、拡張性が必要・・・LightSwitch 一択だと思ってください。業務アプリの場合は、比較的、画面の見栄えを求められないことが多いと思います(UX 的な意味での操作性は重要ですが)。開発生産性が高く、それでも外部との連携をしやすさを求めるのであれば LightSwitch をどうぞ。

「お前の LightSwitch 愛を語りたいだけじゃないか」と言われれば否定できませんが(笑)、それなりのアプリケーションを簡単に開発したければやはり LightSwitch が良いと思います。
使用するユーザーや対象とするデータを限定できるのであれば、Project Siena や Access でサクッと開発するのもいいと思います。
Napa は・・・私は詳しくありませんが、Web 開発の知識を持っている人であれば、いいシステムが作れると思います。判断基準は HTML / JavaScript / CSS に慣れているかどうか、ですね。

向き不向きはありますが、今回取り上げた開発ツールはどれも生産性が高く、比較的簡単に開発を進められるものです。上記の比較を参考に、適切なツールを選んで SharePoint 開発を実践してください。

※なんだか、文字ばっかりの記事になってしまってすみません。

LT 「 Project Siena で誰でも Office 365 開発者 (前編) 」 (Japan SharePoint Group 勉強会 #17 – 2014/12/13) #jpsps

 

12月13日(土) に開催された Japan SharePoint Group 勉強会 #17 で LT 枠を 1コマいただきました。

テーマは

Project Siena で誰でも Office 365 開発者 (前編) 

です。

 

Project Siena を使うと、SharePoint Online のカスタムリストを参照するアプリケーションを非常に簡単に開発できます。

  1. Project Siena が対応しているデータソースの中から SharePoint Online を選択してアドレスを入力
  2. 認証情報を入力→この後は数十秒程度時間がかかります
  3. アプリの認証(Azure AD のコンセント UI)
  4. あとは Project Siena の開発手順通り。ギャラリーを配置して、ラベルなりテキストボックスなりを配置

これだけです。

LT 資料の後半にも参考情報として操作手順のスクリーンキャプチャーを貼っていますので、簡単に分かると思います。

プロの開発者が本気のアプリ開発で使うツールではありませんし、Visual Studio の代わりになるものでもありませんが、非開発者の人にとって、また開発者でもサクッと済ませられるようなお手軽ツールを作ってあげる場合などに、便利なツールです。

無償ですし、ぜひダウンロードして一度触ってみてください。

http://aka.ms/projectsiena

が製品サイトです。


“前編” って何よ、という話ですが、すでに このブログで後編を公開 しているから。
公開の順番は逆なんですが、アプリ開発の手順としては今回の LT が SharePoint Online のリスト参照なので順番としては先。前のブログ記事はリストの更新系の処理について書いたので後編、というわけです。
LT の5分という時間を考えると、さすがに更新系の処理は紹介するのが無理なので逆にしました。

それにしても LT はメチャメチャ緊張しました。人生で一番緊張する登壇だったかも。
(手が震えて仕方なかった /笑)

Project Siena で誰でも Office 365 開発者 (後編)

この記事は Office 365 Advent Calendar に参加しています。

 

11月に公開された Project Siena Beta Refresh (November 2014) は SharePoint Online のリストを操作することができます。 Siena らしくとても簡単に作れる・・・はずなんですが、情報量が少ないんですよね。分かってしまえば簡単ですが、しばらく悩みました。

そこで本稿では SharePoint Online のリスト更新の方法を紹介します。

「そもそも、Projectb Siena って何?」という方は、ひとまず開発ツールの一つだと理解してください。操作が簡単で、プロの開発者でなくても使えます。

 


■本稿で対象とするリスト

本稿では SharePoint Online 上にあるリストを使用します。Siena にはリスト自体を作成する機能はないので、事前に SharePoint Online にリストを用意します。

ここでは “Animals” というカスタムリストにしました。
必要なカラムは2つです。[タイトル] 列は [日本語] に列名を変えます。さらに [英語] という名前の 1行文字列 を追加します。
(今になって考えたら和英辞典でもよかったみたいです /笑)

2014-12-09 21-23-22

 


■データソースの追加~リスト参照

データソースの追加から SharePoint Online 上のリストの参照までの手順は以下の通りです。
近いうちに説明動画も公開します。どうしてもやり方がわからないという方は、しばらくお待ちを。

  1. データソース画面で [SharePoint Online] を選択して、SharePoint Online の URL を指定
  2. 認証に成功すると、指定したサイトのコンテンツ名が表示されるので対象とするリストを指定する。ここでは “Animals” をチェック
  3. スクリーンにビジュアルを追加。ここではテキストギャラリーを配置
  4. ギャラリーのデータセットを設定。ここではもちろん “Animals”
  5. ギャラリーアイテムの各テキストに表示するメンバーを指定します。
    今回は 2個のテキストにそれぞれ “ThisItem!日本語“、”ThisItem!英語” を指定します。

 

2014-12-08 21-52-052014-12-08 21-59-022014-12-08 22-05-282014-12-08 22-07-40

2014-12-08 23-54-532014-12-08 23-58-172014-12-08 23-58-26

 


■既存のリストアイテムの更新

今日の本題である、更新系の処理について。

Project Siena では、既存のリストアイテムを変更する場合も新規のアイテムを追加する場合も、2段階で SharePoint Online を更新します。

  1. データセットの更新・・・データセットとは、対象のリストのローカルキャッシュです。Siena では、まずはデータセットに対してデータを変更します。
    この時点ではデータセットの内容と SharePoint Online 上のリストの内容には差異があります。
  2. データソースに反映・・・データセットに加えられた変更は任意のタイミングで SharePoint Online に反映します。これでリストの更新が完了します。
    Siena ではユーザーが明示的に “SharePoint の更新” ボタンを選択(クリック/タップ)する必要があります。

2014-12-09 0-46-05

 

実際の操作は以下の通り。

1. ラベルとテキストとをスクリーンに配置
ラベルにはギャラリーの選択項目の “日本語” を、テキストには選択項目の “英語” をそれぞれ指定します。

Gallery1!Selected!日本語
Gallery1!Selected!英語

日本語をラベルにしたのは変更不可にするためです。このあとの操作で使う UpdateIf の条件としてラベルの値を使います。

2014-12-09 0-33-59 2014-12-09 0-34-22

 

2. ボタンを配置

データセットの更新用に、ボタンを一つ配置します。
[選択時] には、

UpdateIf(Animals, 日本語=UpdJapanese!Text, {英語:UpdEnglish!Text})

と入力します。Excel ライクな記述なので、Excel 関数を知っている人には馴染みやすいかと思います。
関数の意味は、

「Animals の日本語フィールドの値が UpdJapanese (先ほど配置したラベル)の Text の値と同じアイテムを探して、そのアイテムの英語フィールドに UpdEnglish の Text の値を代入してね」

という意味です。
([選択時] の日本語訳が少し分かりづらいですが、英語だと “OnSelect” なのでここには選択時のアクションを記述するんだなというのが直感的に理解しやすいですね。)

2014-12-09 0-34-442014-12-09 0-35-00

 

3. “SharePoint の更新” を配置

最後に “SharePoint の更新” を配置して、データソースに “Animals” を指定します。データソースへの反映に必要なのはこれだけ。

2014-12-09 0-44-50

 


■新規のリストアイテムの追加

リストアイテムの追加も、やはり 2段階で操作します。既存のアイテムの更新と同じです。

  1. データセットにアイテムを追加・・・Collect 関数を使います。既存アイテムの更新も新規アイテムの追加も、任意の順番でデータセットを更新してから、まとめてデータソースに反映できます。
  2. データソースの更新・・やはり “SharePoint の更新” ボタンを選択して SharePoint Online に登録します。

こちらも実際の操作を見てみましょう。

1. テキスト 2つをスクリーンに配置

“日本語” を入力するテキスト、”英語” を入力するテキストを配置します。

2014-12-09 21-52-29

2. ボタンを配置

データセットにアイテムを追加するために、ボタンを 1つ配置します。
[選択時] には、

Collect(Animals, {日本語:InsJapanese!Text, 英語:InsEnglish!Text})

と入力します。「Animals データセットに { ~ } のアイテムを追加してね」 という意味です。

2014-12-09 21-53-052014-12-09 21-53-51

 

3. “SharePoint の更新” を配置

リストアイテムの追加の場合も “SharePoint の更新” が必要です。
既存アイテムの更新の手順で既に “SharePoint の更新” を配置していれば、改めて配置しなおす必要はありません。

 


■既存のリストアイテムの削除

既存のリストアイテムを削除するには RemoveIf 関数を使用します。手順は、既存アイテムの更新と同様なのでここでは省略します。

 


長い記事になってしまいました。おつかれさまでした。(お互いに /笑)

ところで、「前編」が見当たらないことに気付いた方もいるかもしれません。なにか事情があるんだろうなと思って、数日間だけそっとしておいてください。
12月13日くらいに理由が分かる かもしれません。
(追記: Japan SharePoint Group 勉強会 #17 で LT やりました。資料公開しました。)

Project Siena Beta Refresh (November 2014) がリリースされました。目玉は Office365 対応

内容に間違いがあったため修正しました。(11/29)
SharePoint Online にも対応しています。

 

先日 Project Siena のリフレッシュ版ベータが公開されました。

Project Siena Beta Refresh (November 2014): Bringing the power of productivity to business user created apps 

今回のアップデートの目玉は Office 365 対応です。

 

「よしっ!」 と思って触ってみました。
一見 Exchange Online のように見えたのですが、ちゃんと SharePoint Online にも対応しています。 (SharePoint Online についてはまた別の記事で)
Office 365 対応といえばその通りなんですが、今回は Exchange Online の対応です。SharePoint Online はまだ対応されていません。(ちょっと残念) Office 365 対応の第一歩と思って、今のところ良しとしますか。

 

この記事は Exchange Online の範囲ですが、 Project Siena  らしく非常に簡単にアプリが作れます。Outlook もどきは2分程度で開発できます。
(実際には認証や Office 365 の接続待ちがあるので 2分半といったところです)

2014-11-23 14-21-25

 

開発手順を動画にしました。
ビジュアル (コントロール) の位置・サイズの変更の他には、データバインドを3か所変更するだけです。Exchange Online に接続するアプリが簡単に開発できることを理解してもらえると思います。

LightSwitch が無償で利用できるようになりました (※ただし利用条件には注意)

ついに LightSwitch が無償で利用できるようになりました!

ただし利用にあたっては条件があります。こちらのページ を必ず確認してください。

個人には利用が許諾されています。自宅の PC でどんどん自習してください。

LightSwitch を使うと、データ指向の Web アプリや SharePoint 用アプリが簡単に、高い生産性で開発できます。

開発者はもちろん、プログラミング経験がほとんどない人にも使いやすい開発ツールです。開発経験が全くない人でもちょっとだけコツをつかめば他のツールよりも簡単にプログラミングができるはずです。

これを機に、たくさんの人に LightSwitch を楽しんでほしいと思います。(MS の中の人ではないですが /笑)

無償の Visual Studio Community 2013 がリリースされました。

これに Office Developer Tools for Visual Studio 2013 – November Update (これも無償)をインストールすることで、LightSwitch が利用できるようになります。

2014-11-14 0-00-27

Visual Studio Community 2013 は Professional 相当の無償ツールです。Office Developer Tools をインストールすれば LightSwitch は機能的に Professional  と同じものが利用できます。Web アプリも SharePoint 用アプリ (クラウドビジネスアプリ)もちゃんと開発できます。

2014-11-14 0-07-132014-11-14 0-07-37

この日を待ってました!

これまでは LightSwtich は Visual Studio Professional 以上に同梱されるツールということで、「ぜひみんな使ってください!」とは言いづらい部分もありましたが、これで LightSwitch を堂々と推せるようになりました。

最近サボりぎみだった LightSwitch やクラウドビジネスアプリについての記事もまた書きます。開発経験が少ない方も触り始めるかも、ということで、これまで以上に入門レベルの内容も書いていきますね。