既存の py ファイルを #AzureML で実行・管理する方法

この投稿は、Azure AI Advent Calendar に参加しています。

Azure Machine Learning とは無関係に開発した、既存の py ファイルを AzureML のワークスペースで実行する方法と、そのメリットを紹介します。
おまけに VSCode の拡張機能込みでローカルの Azure ML 開発環境の作り方も紹介。公式の手順 も公開されてるし全然難しくないんですが、たまたま最近、環境構築でちょっと困っている人を見かけたので。

Azure Machine Learning のメリットと言えば

  • 基本的なライブラリや Azure ML に必要なライブラリが組み込まれた 仮想マシンを手間なく作成してくれる
  • Training Cluster は自動的にシャットダウンされるので、余計な課金を気にしなくてよい(設定にもよるけど)
  • 実験(=スクリプトの実行)の結果を自動的に管理してくれる

です。

メリットが強力なので、既存の py ファイルも Azure ML で実行するのがいいと思います。
既存のファイルに対して、ちょいちょいと簡単に対応できます。実験や結果の管理ができるのだから、やらない手はないでしょう。

続きを読む

#vscode 未経験のデータサイエンティストに向けて「VS Code for AI」を紹介しました (2018年9月7日 ゼロから作るDeep Learning 2 輪読&勉強会) #ai

最近、毎週金曜日に参加されている「ゼロから作るDeep Learning 2 (自然言語処理編) 輪読&勉強会」(2018年9月7日開催) で、Visual Studio CodeTools for AI の紹介をしました。

VS Code Tools for AI の紹介

続きを読む