#BotFramework Emulator の機能 #4 ~ Bot アプリのエンドポイント管理

Bot Framework Emulator の機能紹介の 4回目です。

  1. テストクライアント機能
  2. Bot 作成手順の確認
  3. bot ファイル (設定ファイル) の暗号化・復号化
  4. Bot アプリのエンドポイント管理(今回)
  5. 外部サービス (LUIS, QnA Maker) の接続管理
  6. LUIS 再学習
  7. chat ファイル (会話セットの設計) の閲覧
  8. transcript ファイル (保存済み実行結果) の閲覧

今回は、エンドポイント管理を紹介します。

チャットクライアントである Emulator から Bot アプリケーションに接続するわけですが、その情報が “.bot” ファイルに記載されています。
これらを編集する機能を Emulator が持っています。JSON フォーマットのデータを手で編集するのに比べて、タイプミスや設定項目の漏れなどを減らすことができます。

続きを読む

広告
カテゴリー: Bot Builder SDK, Bot Framework, Bot Service, Cogbot | タグ: , , , , | 7件のコメント

#BotFramework Emulator の機能 #3 ~ bot ファイルの暗号化・復号化

Bot Framework Emulator の機能紹介の 3回目です。

  1. テストクライアント機能
  2. Bot 作成手順の確認
  3. bot ファイル (設定ファイル) の暗号化・復号化(今回)
  4. Bot アプリのエンドポイント管理
  5. 外部サービス (LUIS, QnA Maker) の接続管理
  6. LUIS 再学習
  7. chat ファイル (会話セットの設計) の閲覧
  8. transcript ファイル (保存済み実行結果) の閲覧

 

今回は Bot Framwork の設定ファイルである “.bot” ファイルの暗号化・復号化機能を紹介します。

続きを読む

カテゴリー: Bot Builder SDK, Bot Framework, Bot Service, Cogbot | タグ: , , , , | 7件のコメント

「 #BotFramework Emulator はこんなにすごい」セッションを担当しました&資料を公開しました (#Cogbot 勉強会 #18 ~ 2018年11月28日開催)

Cogbot勉強会!#18 – Bot Framework V4 Night! (2018年11月28日開催) で、

Bot Framework Emulator はこんなにすごい

というテーマでお話ししました。

文字通り、Bot Framework Emulator V4 の機能を紹介するもの。
Emulator は Bot アプリケーションのテストクライアントであることは事実ですし、一番使われる機能でもあります。
ただ「単なるテストクライアント」としてみるのはもったいないツールだと思うので、何ができるのか、どのタイミングで便利なのかを紹介しました。

続きを読む

カテゴリー: Bot Builder SDK, Bot Framework, Bot Service, Cogbot | コメントをどうぞ

#BotFramework Emulator の機能 #2 ~ Bot 作成手順の確認

Bot Framework Emulator の機能紹介の 2回目です。

  1. テストクライアント機能
  2. Bot 作成手順の確認(今回)
  3. bot ファイル (設定ファイル) の暗号化・復号化
  4. Bot アプリのエンドポイント管理
  5. 外部サービス (LUIS, QnA Maker) の接続管理
  6. LUIS 再学習
  7. chat ファイル (会話セットの設計) の閲覧
  8. transcript ファイル (保存済み実行結果) の閲覧

 

今回は実装やテストなどのツールとしての機能ではなく、bot アプリ開発全体の流れを確認しましょうという話です。(API やコーディング技術を期待している皆さん、ごめんなさい)

この機能は Tech Summit 2018 セッション「ユーザー インターフェースとしてのチャット ボット開発手法と Microsoft Bot Framework v4」のテーマでもあります。

本稿も最後までお付き合いください。

続きを読む

カテゴリー: Bot Builder SDK, Bot Framework, Bot Service | タグ: , , , , | 7件のコメント

#BotFramework Emulator の機能 #1 ~ Bot アプリケーションのテストクライアント機能

Bot Framework v4 / v4.1 関連のリリースで個人的に一番気に入っているのが、Bot Framework Emulator です。

v3 の頃は「Bot アプリケーションのテストクライアント」という位置づけのツールでした。

このため v4 でも単にバージョンが上がっただけだと思うかもしれません。

実は、V4 のEmulator はテストクライアントにとどまらない高機能ツールです。

ここから数回に分けて、Bot Framework Emulator の機能を紹介していきます。

  1. テストクライアント機能(今回)
  2. Bot 作成手順の確認
  3. bot ファイル (設定ファイル) の暗号化・復号化
  4. Bot アプリのエンドポイント管理
  5. 外部サービス (LUIS, QnA Maker) の接続管理
  6. LUIS 再学習
  7. chat ファイル (会話セットの設計) の閲覧
  8. transcript ファイル (保存済み実行結果) の閲覧

今回は1回目ということで、皆さんご存知のテストクライアント機能を(念のため)紹介します。

続きを読む

カテゴリー: Bot Builder SDK, Bot Framework, Bot Service, Cogbot | タグ: , , , , | 9件のコメント

Bot Framework SDK と Tools の v4.1 がリリース、Emulator V4 が GA しました #botframework

久しぶりのブログです。
Microsoft Tech Summit 2018 で 登壇 する機会をいただいたので、しばらくそちらに注力していました。
この2か月ほどで分かったことは、これから発信していきます。

登壇前夜(というか多分日本時間の当日の朝がた?)に、Bot Framework が新しくなりました

個人的には Emulator の GA が一番うれしいです。

続きを読む

カテゴリー: Bot Builder SDK, Bot Framework, Bot Service, Cogbot | タグ: , , , | コメントをどうぞ

「Azure ML Service ファーストインプレッション」LT 資料を公開しました(「ゼロから作る Deep Learning 2 輪読&勉強会」2018年10月5日開催)

毎週参加している「ゼロから作る Deep Learning 2 輪読&勉強会」の10月5日開催の回で LT しました。

9月の Ignite で発表されたばかりの Azure Machine Learning Service についてです。

LT タイトル通り、ファーストインプレッションの範囲ですが、非常に面白いサービスだと思います。個人の意見としては、

  • Batch AI が楽に使える。Low priority VM もラジオボタン選択で簡単に選択できる
  • Visual Studio Code との連携が素敵、ローカルでニューラルネットワークを実装・デバッグして、学習はクラウドを利用
  • Experiment の結果や実施の履歴が残っている
  • ハイパーパラメーターチューニングの機能がついに入った

あたりがお気に入りポイント。

今はがっつり触る時間がないので楽しむのは少しお預けだけど、これを使って機械学習・深層学習をもっとちゃんとやりたいです。

Azure Machine Learning Service について日本語で喋るのは日本最速では?と(勝手に)思ってます。

当日は読書会本体が盛り上がりすぎて(想定内)勉強会の終了時刻を過ぎてからの LT なので、残ってる人だけなんとなく聞いてくれるという形でした。まあ、それもよし。

カテゴリー: Machine Learning Service, 機械学習, 深層学習 | コメントをどうぞ