#SORACOM LTE-M Button の簡易位置情報を SORACOM #Funk を通して Azure Functions (C#) で取得する

LTE-M button の簡易位置情報を Azure Functions (C#) で取得する」シリーズの第3弾、完結編です。(そんな大袈裟なものなのか)

今回は Azure Functions にデプロイした C# なアプリケーションで、ボタンの位置情報SORACOM Funk 経由で取得します。

位置情報取得シリーズはこんな構成。

続きを読む

#SORACOM LTE-M Button の簡易位置情報を Azure Functions (C#) で取得する

前の投稿で「LTE-M button の簡易位置情報をローカル PC で実行している C# アプリで取得」しました。

今回はそれの続き、Azure Functions にデプロイ してみます。SORACOM Beam ならローカルで動作確認したものを単にデプロイするだけです。
わざわざ分けて投稿するまでもないんですが、前回は途中で終わってしまった感があるので、今回は真面目に「クラウド連携」します。

今回は素直に Beam 経由です。

「Azure Functions、何それ?おいしいの?」という人もいるかもしれないので、動作確認、というかログの出し方についてもチラッと書きます。
(知っている人には当たり前すぎる内容ですが)

続きを読む

#SORACOM LTE-M Button の簡易位置情報をローカルPC上のC#アプリで取得してみる

SORACOM LTE-M Button で簡易位置情報を取得できるようになりました。

https://blog.soracom.jp/blog/2019/08/01/location-function-release/

「それでは」ということで早速試してみます。

今回、位置情報を確認するための手順は以下の通り。

  • SORACOM ユーザーコンソールでの設定
  • SORACOM Harvest でデータの確認
  • Azure Functions のプロジェクトをローカルで作成
  • ngrok で localhost を公開
  • SORACOM Beam の設定
  • 動作確認

ローカルで Azure Functions を開発する環境としては、今回は Visual Studio Code を使います。

続きを読む

「Visual Studio で Bot Service をローカルデバッグする方法」 第4回 Cogbot 勉強会で登壇しました #cogbot #botservice #functions

2017年1月27日(金) 開催の 第4回 Cogbot 勉強会で、
Visual Studio で Bot Service をローカルデバッグする方法」というテーマでお話ししました。

https://docs.com/d/embed/D25191673-0444-5596-4310-001940935162%7eBfe5a7bff-fc39-9c7d-d35f-86e930988702

Cognitive Service とも IoT とも仲良くできそうな、Bot Service は、ご承知の方も多いと思いますが、Azure Functions 上に展開されています。

Functions は当初デバッグが大変なサービスでした。
Azure ポータル上で print 分を使ってデバッグするか、Windows アプリでロジックを作った上で Functions のコードに貼り付けるかするくらいしかできませんでした。サーバーレス、ナノサービに分類されるサービスで、小さな処理を実行することを想定したサービスなので、それでも何とかできなくはないのですが、Visual Studio に慣れた身には面倒でした。


まだ「枯れた」とは言いがたいのですが、現在はいくつかの手順を踏めば Bot Service をローカルデバッグできます。Visual Studio のデバッグ機能も利用可能です。
ローカルデバッグするための手順は https://aka.ms/bf-docs-azure-debug で説明されているのですが、いくつかのページを移動しながらデバッグ準備を進めなければなりません。

そこで必要なツールやファイルのリンクと一緒に、画面キャプチャ付きで実際にデバッグを始めるまでのステップを紹介しました。

Visual Studio でブレークしたり、変数の値をウォッチしたりしながら、Bot Service を開発できるのは、やはりうれしいですね。
なお本稿の内容は、Bot Service だけではなく Azure Functions でも使えます。IoT でも Functions は使いどころがあるので、IoT 好きな方も参考にしてみてください。