#SORACOM LTE-M Button の簡易位置情報を SORACOM #Funk を通して Azure Functions (C#) で取得する

LTE-M button の簡易位置情報を Azure Functions (C#) で取得する」シリーズの第3弾、完結編です。(そんな大袈裟なものなのか)

今回は Azure Functions にデプロイした C# なアプリケーションで、ボタンの位置情報SORACOM Funk 経由で取得します。

位置情報取得シリーズはこんな構成。

続きを読む

#SORACOM LTE-M Button の簡易位置情報を Azure Functions (C#) で取得する

前の投稿で「LTE-M button の簡易位置情報をローカル PC で実行している C# アプリで取得」しました。

今回はそれの続き、Azure Functions にデプロイ してみます。SORACOM Beam ならローカルで動作確認したものを単にデプロイするだけです。
わざわざ分けて投稿するまでもないんですが、前回は途中で終わってしまった感があるので、今回は真面目に「クラウド連携」します。

今回は素直に Beam 経由です。

「Azure Functions、何それ?おいしいの?」という人もいるかもしれないので、動作確認、というかログの出し方についてもチラッと書きます。
(知っている人には当たり前すぎる内容ですが)

続きを読む

#SORACOM LTE-M Button の簡易位置情報をローカルPC上のC#アプリで取得してみる

SORACOM LTE-M Button で簡易位置情報を取得できるようになりました。

https://blog.soracom.jp/blog/2019/08/01/location-function-release/

「それでは」ということで早速試してみます。

今回、位置情報を確認するための手順は以下の通り。

  • SORACOM ユーザーコンソールでの設定
  • SORACOM Harvest でデータの確認
  • Azure Functions のプロジェクトをローカルで作成
  • ngrok で localhost を公開
  • SORACOM Beam の設定
  • 動作確認

ローカルで Azure Functions を開発する環境としては、今回は Visual Studio Code を使います。

続きを読む