「解説とハンズオンで理解する 機械学習 / Cognitive / Bot Framework」を開催しました (2016年12月3日)

Techfair.jp の勉強会を 12月3日に開催しました。

解説とハンズオンで理解する 機械学習 / Cognitive / Bot Framework

文字通り、機械学習CogBot とを座学とハンズオン(もくもく会)とで学んでもらおうという内容です。

当初は、IoT キットハンズオントレーニングを補足するものとして開催してきた「ハンズオンの解説します」シリーズの第3回とする予定でしたが、最近私が注目している Cogbot (=Cognitive Services, Bot Framework) も合わせて習得してもらうことにしました。
マイクロソフトの大森さんに協力していただいたので(ありがとうございます!)、機械学習+Cogbot の勉強会として充実した内容になったと思います。さらに、もくもく会の資料は Cogbot コミュニティの成果を借用しました(機械学習については瀬尾作)。

当日のセッション資料、もくもく会の資料は、こちらの一覧 を参照してください。

当日は機械学習もくもく用のサンプルデータのダウンロードでお手数をおかけしました。現在はダウンロード可能になっています。復習などの際に必要になったら、こちらを使ってください。(当日と同じデータです)

 


申し込み受付開始直後に満席になったため増席しましたが、その分、スペースの余裕が少なくなってしまったかもしれません。参加された皆さん、すみません。多くの方に楽しんでいただくためだとご理解ください。

「ハンズオンの解説します」シリーズは、今回をもってひとまず終了です。
ハンズオン自体に参加された皆さん、これまでの解説しますシリーズに参加された皆さん、おつかれさまでした。
次回(来年)以降は、IoT を引き続き大事にしつつ、他のテーマについても扱えるようにがんばっていきます。(が、まずは今回の、機械学習+Cogbot の再演かな)
勉強会の継続のために、一緒に活動してくれるメンバーも募集中です。我こそはという方はぜひご連絡ください。お願いします!(y.seo at seosoft.jp まで)

「.NET Micro Framework で IoT」セッション資料を公開しました (Techfair 勉強会 / 2015年7月25日開催) #techfair

7月25日(土) に開催した勉強会のセッション資料 「.NET Micro Framework で IoT」 を公開しました。

当日のメインは「Android + Azure で IoT ハンズオン」 ではあるのですが、IoT でイメージしやすいのはやはりマイコンボードでしょう、ということで、IoT 初心者の方向けに .NET Micro Framework を紹介しました。(Windows 10 ではなく!)

(ハンズオンの時間調整の意味もあるセッションだったので)資料はマイコンボードの買い方、SDKの入手方法、NETMFの紹介といった内容です。当日も十分な時間が取れず、本当に NETMF を紹介するところまででしたが、ぜひ興味を持って IoT を楽しむ人がいればいいなと思っています。

いささか消化不良気味の資料なので、これまでの資料も参考にしていただけると、マイコンボードや NETMF、IoT のイメージが広がるんじゃないかと思います。

http://www.slideshare.net/seosoft/presentations

次は、PinKit のハンズオンでもやりたいな~、と呟いたところで今回はおしまい。

「Android + Azure で IoT ハンズオン」を2週続けて実施しました #techfair

Android + Azure で IoT ハンズオン」を2週続けて実施しました。

「センサーが載っていて、インターネットに接続可能」という点で、スマホは IoT と親和性が高いと言えます。
そして、(少なくともこのブログを読んでくれる人は)まあスマホの1台や2台は持っているだろうと思います。
それならば、IoT の実習としてスマホを活用しない手はありません。マイコンボードなどを買う前にまずは IoT を体験できるわけです。

Visual Studio はマルチデバイス開発に対応しています。ハンズオンでは Cordova を使って、Android アプリを開発して、Azure と連携する手順を紹介しました。

参加された皆さんのお役に立てたようならうれしいです。


ひとつとても残念なのは、25日の勉強会のキャンセル率、欠席率の高さ。

申し込み47人(定員30人)に対して、当日参加してくれたのは7人。

前日から当日にキャンセルした人が15人、無断欠席が12人。
「ハンズオンなので事前準備が必要だから、直前キャンセルや無断欠席はしないでください」と何度もお願いしたにも関わらず・・・。興味を引き続けられなかった責任はあるし、今後の課題にしたいと思いますが、これでは勉強会の企画も会場提供をお願いするのも難しくなります。なによりも勉強したいと思っている人の機会を奪ってしまっていることに気づいていないのでしょうか。

他の勉強会でも欠席者には頭を悩ませていると思いますが、こういった恥ずかしい行為をする人が減ることを願うばかりです。

これからもステップアップしたい人に場を提供できるよう、がんばっていきます。技術者コミュニティを盛り上げるために、微力ですががんばっていきます!
(さしあたっては9月くらいの勉強会のために会場を提供してくれるところを探さねば)

「AndroidスマホとAzureでIoT ! ハンズオン」を開催します (7月25日(土)) #techfair

「AndroidスマホとAzureでIoT ! ハンズオン」 7月25日(土) に開催します。

文字通り、Androidスマホ(当日はPC上のエミュレーター)を使って、IoTを体験する勉強会です。
初めての方を対象にしていますので、Android開発経験がない、Azureを使ったことがない、IoTはキーワードとして知っているくらい、という方も安心して参加できます。

お申し込みは connpass の専用ページからお願いします。

http://techfair.connpass.com/event/16767/

・・・ブログでのお知らせに手間取ってしまい、これを書いている時点で残席6となってしまいました。
期待してくださる方が多いようで大変うれしいです。
参加希望の方は締切になる前に、早めにお申し込みください。


IoT というと「マイコンボードを使う」が入口になることが多いように思います。

今回はマイコンボード+センサーの代わりに、Android スマホを使用します。
(しかもハンズオンではPC上のエミュレーターを使用するので開発用スマホも不要)

当日は、事前に開発環境(Visual Studio 2015 RC)を構築したPCを持参していただく必要がありますが、Android開発の基礎と IoT の基礎を両方まとめて理解する機会です。

たくさんの方の参加をお待ちしています。

当日使用するハンズオン資料は IoT ALGYAN のコンテンツです。

event_androidiot_20150725

Techfair も IoT ALGYAN も、IoT の普及のためにイベント開催、コンテンツ公開を行っていきます。
ぜひ両方とも今後ともよろしくお願いします。

なお会場は高田馬場にある 株式会社ベーシック さんのセミナールームをお借りします。
SGTではないのでお間違いなく。

Techfair と改名して、初めての勉強会です。みんなで IoT と Android 開発の理解を深めましょう!
改めてたくさんの方の参加をお待ちしています。

http://techfair.connpass.com/event/16767/


参加される方は、必ず事前に開発環境を用意した上で当日いらしてください。
Visual Studio のインストールには時間がかかります。「当日朝にでも」と考えていると間に合わない可能性があります。
早めのお申込み、早めの事前準備をお願いします。
(事前準備の手順については、お申し込みの方にお知らせします)