ML Studio や CNTK のハンズオンを始める前の準備 #cogbot

本稿は、Cogbot Advent Calendar 2017 に参加しています。

11月30日(木) 開催の「第9回 Cogbot 勉強会」参加の皆さん、おつかれさまでした。
今回は、CNTK (深層学習) と ML Studio (機械学習) がテーマの会で、ハンズオンの時間を設けました。
Tech Summit 2017 でも Cogbot ハンズオンのお手伝いをしました。

それを踏まえて。

ハンズオンに参加する方ということで、初めて or まだ馴染みがないことが多いわけです。
知っている人にはなんてことはないのに、初めての人にはわかりづらいのが、環境構築というかハンズオンを始めるための準備。

今回は、ハンズオンを始める前に、まず越えなければならないハードルの超え方をステップバイステップで紹介します。ハンズオンそのものについては以下で紹介するハンズオン資料で確認してください。本稿はあくまでもハンズオン前の準備についてです。
(くどいですが、知ってる人には当たり前すぎる、レベル50相当の内容です。すいません)


 

前置きが長くなりました。

Azure Machine Learning Studio のハンズオンひとつ、CNTK のハンズオン(チュートリアル)を 3種類、例として取り上げて紹介します。

この記事中にすべて書くと、縦に長くなってスクロールが大変なので、Slideshare にファイルをアップロードしました。

そちらを参照しながら、ぜひ機械学習、深層学習のハンズオンを楽しんでください。

広告
カテゴリー: CNTK, Cogbot, 機械学習 タグ: , , , パーマリンク

ML Studio や CNTK のハンズオンを始める前の準備 #cogbot への1件のフィードバック

  1. ピンバック: GPUなWindows PCでCNTKとTensorFlowとVisual Studio 2017とを共存させる方法 (2017年12月版) #cogbot #cntk | 技術との戯れ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中